サイゲン大介リンガーハット長崎ちゃんぽんレシピ作り方得する人損する人

サイゲン大介がリンガーハットの長崎ちゃんぽんを真似することに!

リンガーハットの長崎ちゃんぽんを再現するのです!

さらに再現するお金は280円でできるのです!

スポンサードリンク

では作り方!

材料は!
水 500ml
牛乳(成分無調整) 50ml 
中華だし(練タイプ) 小さじ1
醤油 大さじ2
白コショウ 少々
砂糖 小さじ1
干し貝柱のだし(顆粒) 大さじ1
塩 ひとつまみ
うま味調味料 小さじ3/4
つけ麺用太麺 1玉
玉ねぎ 80g
さつま揚げ 40g
かまぼこ 20g
枝豆 15粒
コーン 15g
キャベツ 60g
にんじん 20g
もやし 80g
長ネギ 20g
豚バラ肉(2cm幅にカット) 40g
小エビ 30g
お湯を醤油
お砂糖
塩をいれていきます

うま味調味料
白コショウを投入

とんこつの風味を出すために、
中華だしを入れます。

さらには動物性の練りタイプをいれるのです!

色的にはまだ中華スープの色なのです。

あのちゃんぽんは魚介のだしが聞いているので、
干貝柱のだしをいれるのです。

スーパーでてにはいります。

これをいれることで魚介の出汁が増して匂いも
魚介になるのです。

そこから牛乳を入れるのです。

牛乳を入れることでみためはちゃんぽんになり、
乳脂肪でちゃんぽんのクリーミーさがでるのです。

長崎ちゃんぽんをの最大の特徴は甘さなのです。

野菜の旨みがスープに溶け出しているのです。

それするために野菜を5分ほどボイルするのです。

それで甘さを再現。

面はつけ麺の太麺の縮れ麺を使うのです。

面を5分半湯で冷やして常温に戻し、
スープにいれて、野菜を盛り付け、
枝豆とコーンをトッピングしたらできあがりなのです。

坂上忍さんがスープを飲んでみると
親指を突き立ててバッチリという表情!

麺と野菜を食べてみると、
参りました!

なんだこれ!

スポンサードリンク

さらに科学的に実証してみます。

味の科捜研こと鈴木隆一さんもきて、
味覚センサーレオを使うのです。

リンガーハットのちゃんぽんは
旨味3と塩見3が引き立っていて、
甘み2と甘みがが引き立っているのです。

鈴木隆一先生も食べてみることに。
コメントはしないですよ。

と発言していたのですが、
顔がまさに同じというリアクションをしていました。

さらに味覚センサーレオで出た結果、
旨味3と塩見3が引き立っていて、
甘み2とほぼ同じ結果が出たのです。

スタジオの皆さんも驚きの表情。
これはすごいわ
牛乳羹が全然しない
野菜の茹で加減も似せてる。

本家のちゃんぽん屋さんに怒られることは無いの?
リンガーハットに食べてもらったら、

サイゲン大介さま
家庭の食材でこのような味が再現できるなんて、
驚きとともに焦りを感じました。
是非家で働いてもらえないでしょうか?

というリンガーハットも驚きの美味しさだったのでした!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です