加村一馬(洞窟おじさん)wikiやプロフィール現在や家族は?

洞窟おじさんと言う人はテレビで出ていたのですが、13歳の頃から洞窟生活をし始めて、知る43年間、洞窟生活をしていたのです。
も驚きでしかありませんよね。毎日食べ物を探していく生活をしていき、食べ物を借りしたりましていたようです。イノシシやシカなどを自分で作った弓矢などを使ってギリギリ狩りをしていたようなのです。それも13歳から洞窟での生活をしているので、全部自分の知恵で考えて弓矢も作ったのです。もうその時点で驚きです.イノシシを捕まえるための罠も自分で考えて作っていたのですが、それを見ると、すごい罠でよく自分で考えたなと言う思うほどだったのです。

そして食べ物はとにかく自分で探していく生活なので、食べ物が一番困ったようです。食べ物はカエルやカマキリなども食べていたことがあったようです。そしてきのこなどもウサギが食べているのを見ながらそれで食べれるかどうかも見ていたようです。最初、群馬の山にいたのですがそこからいろんなところを渡り歩き、最終的には新潟にいたようです。群馬から福島を渡り新潟に行っていたようです。新潟に行った時に、その村に住む人と出会いおじいちゃんとおばちゃんに出会いおにぎりを初めて20歳の時に食べたようです。
そしてそのおじいさんとおばあさんのところで一緒に住まないか?といわれたのですが、
洞窟で暮らすことを。続けると言ってまた盗掘生活をしていたようです。

そして時には商売もしていたことがあったようです。

きのこの販売をしていた時期もあったようです.たまたま見かけた村の人を見ているときのこの販売をしていたので、自分も同じようにやればやっていけると思い、同じ金額で始めたんですが、金銭感覚も分からなかったために、たくさんのキノコ普通の店より売っていたのでとてもいい儲かったようです。そして一番儲かったのは赤いランプを株を得ていたときにとても重かったようなもんです。これぐらいのお札が儲かったよと1cm くらいの幅を見せて100万円ぐらい儲かったと言う話をしていたのです。
その赤い蘭で儲けたというのが一点。なんと一株5万円ぐらいするほどの値段だったようです。
それだけの値段になるなっていたらそりゃ100万円も儲ける時がありませんよね。

今現在は普通の生活をしていて、家を自分で作っている住んでいるようです。そして今現在は障害者施設で働いているようで普通に働いているようですね。いろんな人生のあり方というものがあるものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です