モチモチベーグルがたった30分!バタコやんレシピ得する人損する人

2時間半かかるベーグルを30分で作ってしまうのです。
f635fd9d16279d7182823a48983be038_s
バタコやんは、
パンシェルジュ2級のパンのスペシャリスト

コンビニで変えるレトルトでおかゆを使い生地作りをしてしまうのです。

スポンサードリンク

もちもちの美味しいベーグルの作り方は

材料
おかゆ(レトルトでOK) 125g
砂糖 小さじ2
オリーブオイル 小さじ1
ドライイースト 2g
強力粉 180g
塩 ひとつまみ
ハチミツ 大さじ2

1.材料を混ぜる

おかゆ125g
砂糖
ドライイースト2g
を混ぜます。
600wで30秒
人肌ぐらいに温めるのです。
35度ぐらいにして発行を促すのです。

糖質をイーストが吸収して発酵が進むのです。

強力粉180g
塩少々
を混ぜるのです。

オリーブオイルで香りづけ。
独特のイースト菌の香りが消えるのです。

オリーブオイルで栄養価が高いしコレステロールも下げる効果が。

そして混ぜます。

ベーグルが人気なのはバターも牛乳も入っていないので、
ヘルシーなので人気なのです。

今回のバタコやんベーグルは220kcalで済むのです。
バターはなんと440kcalになるのが220kcalですよ!

2.生地をこねる

伸ばして中にいれる。
伸ばして中に入れるをしていきます。

それでもちもちかんがでてくるのです。

叩きつけて弾力を出してあげるとか。

ストレス発散のつもりで!

発酵してしまっているので、なんと発酵の時間はいらないのです。

3.生地を成形していく

4頭分にカット

ラップでやるのです。

このまんまのばしていくのですが、
ナンのカタチになるように。
それをのばすだけで。

1回広げてナンのようにするのです。
3つ折りにしていく。

くるっと曲げて細い方を大きいところにいれて
生地をいれる。
わっかにしておにぎりを握るようにしていくのです。

4.生地を茹でる。
ベーグルをゆでてコーティング

茹でることで膨らみを抑えることで
中からの圧力と外からの圧力で中がもちもちになるのです。

売られているベーグルも生地がつやつやですが、
しわしわになりやすいですよね。硬くなってしまったり
ボコボコになったり。

しかし茹でる時にあるものを入れることでツヤツヤになるのです。

ベーグルが浸かるほどのお湯に大さじ2杯のはちみつを入れるのです!

茹でる時はゆですぎないこと。
30秒だけにるのです。

4.オーブンで焼く

すぐに焼きます。
200度のオーブンですぐ焼きます。
18分間焼きます。

これだけで終わるのです。

つまり30分のうち、
18分の作業だけなのです。

できてみると
甘みとモチモチで最高の美味しさが!
ベーグルのモチモチは強力粉のペクチリンが重要なのですが、
おかゆも混ぜることでさらに美味しくなるのです。

生地を伸ばした時に
ブルーベリー
きんぴらごぼう

などをいれると、
アレンジされた美味しいベーグルがさらにできるのです。

スポンサードリンク

このベーグルには注意点が

おかゆをつかっているので、
3時間もするとベーグルが硬くなってしまうのです。

しかしバタコやんは、
硬くなっても美味しい食べ方を紹介!

フレンチトースト
牛乳35g
たまご1個
砂糖25g

バニラエッセンス2滴
バター20gに投入
焦げ目がつくまで焼く

最後におこのみでフルーツを

普通のフレンチトーストとちがい
染みこみすぎて無くておいしいようです。

坂上忍さんも絶賛

多めに作って置いておいてもいいと絶賛です!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です