雨宮まみ死去の死因は?wikiやプロフィール出身大学や高校は

img_582d1abda0d80

基本的にいつも朝ごはんは全く食べないのですが、
今日は久しぶりに早めに起きましたし、
朝から美味しいもの食べたいなと言う気分になりました。
朝ごはんを食べなくていいと思う理由として、朝は全くお腹がすきませんし、どちらかといえば全く食欲がない状態に近いです。
しかし今日は美味しいものを作って食べたいなと思ってしまったわけです。
から揚げがあったのと、朝からお好み焼きを作ったりして食べたい物作り食べてとても幸せな気分に浸れました。

最近ちょっとした自分のやりたいことや幸せなことをやれるように心がけてます。
朝ご飯も久しぶりでしたが、食べたいものも起きてすぐ食べられるって本当に幸せなことですよね。

さて、今回は雨宮まみさんに着いて書いてみたいと思います。

雨宮まみさんのことをTwitter で見かけたのですが、
なにやら死去されたということが流れてきていて突然の状況に驚いてしまいました。

スポンサードリンク

知り合いの方が朝連絡が来て亡くなられたと言う話を聞かれたようなのです。
出版社の関係者によると11月17日にお別れ会が開かれるようです。

雨宮まみさんの死因や原因は?

以前にブログで死のことについて書かれていたことがあります。
これはエッセイなのか、自分のことなのか判断しづらい文章がありました。

死にたくなる夜というのが、やってくる。
たいていはそのたびに、薬を飲んで、寝ようとして、

眠れなかったり、でもほかのことでは気を散らすことができなかったり、

朝日がのぼるまでの時間を、苦しいまま過ごすことになる。

「死んでもいいですか?」と、誰かに訊きたくなる。

このようなことも関係しているのでしょうか。
精神的にやんでいたような印象が伺えます。

もしかしたら自分でという可能性もあります。

報道でも死因を発表されていませんのでその可能性が高いです。

Twitter では11月14日にツイートされていて、
今から3日前に追悼していたばかりなのに突然のことに驚きでしかありません。
そしてその内容自体も、普通の日常的な追悼していて
それから3日後、突然亡くなる人の内容とは思えないそうだったんです。
いろいろ不自然な点がありそのような状況なのか、とても気になります。

雨宮まみさんのプロフィールは?


雨宮まみさんのプロフィールは
名前:雨宮まみ(あまみや まみ)
本名:不明
生年月日:1976年9月26日(39歳)※2016年6月
出身:福岡県
になります。

雨宮まみと言う名前は本名ではなくペンネームとして使われています。
名前の由来や名前に思うことについてこのようにツイートされています。

とても美人な方で、ショートヘアのボブヘアがとても似合っているかたですね。
本当に美人ですし、何か影のある魅力を感じてしまいます。

壇蜜さんのような魅力であったり、何か影に秘めた美しさを感じてしまいます。

雨宮まみさんの出身高校は?


高校生の時まで地元の福岡で過ごし大学進学をきっかけに上京しました。
調教後にフリーターをしていたり、バニーガールなども仕事をしていたり、ワイレア出版で働かれたりしています。

そして、アダルトな内容の編集者数として勤務した経験後フリーのライターにされています。

どこの高校なのかは公表しておらず、
情報としては
学内で一番偏差値の高い公立高校に進学し、
県内でも繁華街に割と近い進学校
体育祭が有名な学校
私の高校では8割ぐらいの精度は九州大学へ進学を目指している。

という情報なのです。

このヒントから考えると、偏差値約70で繁華街が近くにあり、
体育祭も有名なところと考えると福岡高校
が考えられるのではないでしょうか。
生徒会の副会長などをやられていて、そんな真面目な一面も持ち合わせていたのですね。

スポンサードリンク

雨宮まみさんの出身大学はどこなのでしょうか。


雨宮まみさんの出身大学は、こちらも公表されていないのです。

高校3年生の時に、私立文学進学クラスと言うものに入られていました。
慶應早稲田などをクラス内で目指している人が多く、なんとなく早稲田を第1志望に選びました。

しかし早稲田大学は落ちてしまったようで、六大学の中からすべりどめ受験の大学を選んでいます。。

そして明治や法政大学を受けました。
徐々にしぼられてきましたねー。
その後のインタビューで法政大学についての
インタビューで受験以来久しぶりに来たとかなされているので、入学はしていないと考えられます。
そうなっていくと明治大学に進学したのではと考えられます。

雨宮まみさんの作品は?

自伝的エッセイを中心にかかれており
女子をこじらせて出デビュー
東京を生きる
女子夜中を取れ
真面目に生きるって損ですか?
などを書かれています。

こじらせ女子

こじらせ女子と言う自意識や自らの女性性の自己評価を
こじらせた女性
と言う女性性に対しての作品を書いています。
幼少期からのエピソードであったり社会人になってからの
様々な失敗やそれでも立ち上がっていく姿などは書かれています。
男社会の中でもがき苦しみながら、仕事を辞め、
実家に帰り、そしてまた仕事に復帰していく姿は奮起するものがあります。

40が来る

40歳になったら死のうと思っていたと書き初めから始まる文章

主人公は女探偵
しかし、主人公の女探偵のフィクション的な話を書いているようにも思えますが、
これは自分に照らし合わせながら書いている面もあるのではないでしょうか。
年齢的にも近いものがあり、考えている目線も自分の目線から書いた内容を書いているのではないでしょうか。

40歳と言うものは自分にやってくるものと実感し、
37歳になった時に近づいてくる40歳と言う年齢に仕事や恋愛。
周囲の視線などをリアルに書いていった内容になります。

ツイッターでは

突然の訃報に驚きの声が多く見受けられました。
まだ40歳という若さで突然の死に対して、
デマじゃないのか?嘘であって欲しいというような
ツイートも見受けられました。

突然過ぎて現実を受け止めがたい状態ですね。

終わりに

今回の訃報を聞いて突然過ぎる状態に理解ができていない方も本当に多いです。
いつまでもあると思っているものが突然消えた悲しみがあるのではないでしょうか。
40歳という若さで亡くなられたことは本当に悔やまれます。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です