お年玉相場幼稚園小学生中学生大学生や甥っ子姪っ子の相場はいくら

とっても悩ましい問題・・・
それはお年玉をいくらあげれば良いのか・・・
お年玉は子供の時はとてもビッグイベントでしたが、
大人になると、なんでそんな出費せなあかんねん!
とああああー!っと思ってしまうわけです。

お年玉はあげるのは大変ですが、
子供の頃を思い出して、喜ぶ顔を見せてもらうためにも
奮発しないとですね。

しかし、どれぐらいあげれば良いのかというのがとても気になるわけです。

多くあげすぎても大変ですし、
すくなって思われても嫌だしどれぐらいの金額をあげればいいの!?
となる理由エス。

お年玉なんてどれぐらいの金額を払えば良いのか!?
年齢別学生別でどのように上げれば良いのか!?
金額や年齢学生別にどのようにお年玉をあげたらいいかを公開!

スポンサードリンク

お年玉の相場は?

毎年お年玉を渡すときに金額に困りますよね。
そこで年齢別の相場を紹介したいと思います。
未就学児にはまだお年玉がよく分かっていない子もいるので、お年玉のかわりにおもちゃやお菓子をあげてもいいでしょう。大人の付き合いでお金を出さないといけない場合はおよそ1,000~2,000円が相場になります。
このくらいの歳だとお札より500円玉の方が喜ぶ子供もいますよ。あとぽち袋もキャラクターものの方が喜ばれたりしますよ。

お年玉の相場幼稚園小学校中学生大学生には?

幼稚園や保育園に通っている子供にはおよそ1,000~2,000円になります。
これくらいの年齢の子供からはお札で上げてもいいかもしれませんね。
小学生は低学年と高学年で金額が変わってきます。
低学年は2,000~3,000円、高学年は3,000~5,000円になります。
また兄弟がいるとどっちが多いかなどケンカになることもありますので、分かりやすく「年齢÷2×1,000円」というようにしているところも多いそうです。
中学生や高校生になってくると学年関係なく5,000~10,000円程度が相場のようです。
大学生になると渡すか渡さないか分かれます。渡す場合は成人式など特別な記念の年だったり、渡す相手の家族から自分の家族が大学生までお年玉をもらっていたりなどの事情がある場合が多いようです。
以上のように学年や年齢で相場は変わりますし、相手からもらった金額によってもこちらが出す金額も変わりますから臨機応変に対応しましょう。

お年玉相場甥っ子姪っ子には?

甥っ子や姪っ子にはいくらくらい渡すのでしょうか。
およそ先ほど説明したとおり学年や年齢に合わせた相場で渡しますが、お互い子供がいる場合、金額を合わせて出すということもありますので、そこは相談してみましょう。

まとめ

毎年悩ましいお年玉の相場ですが、ルールを決めることによって少しは悩まずにすむかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です