カストロ(フィデル)議長死因や原因は?チェゲバラとキューバ革命

本日2日酔いでだいぶ具合が悪い状態になってしまいました。ホント二日酔いってどうにかなってほしいものです。胃の調子が悪くて。胃薬を本で見ましたが、調子よくなるといいです。お酒売って結構飲みすぎてしまうのでしっかり自分の適正量は飲まないといけませんよね。
そして本日もまた飲み会があるので、ちょっと大丈夫かなと言う思いもあります。
ヤフーニュースで突然速報で

カストロ前議長がなくなったと言う報道があり、
よっぽど。なことが起こったんだなと思いました。
速報で流れる程なので、このことはどんなことだったのかとても気になりました。
1950年代にキューバ革命を主導し、
反米の社会主義政権を半世紀に渡り進めてきました。

スポンサードリンク

カストロ前議長のプロフィールは

1926年8月13日生まれ
キューバビランで生まれました。
2016年11月25日に亡くなり、
90歳と言う年齢でこの世を去りました。
政党はキューバ共産党
大学卒業までの間に投資としてメジャーリーグ選抜と対戦し
3安打無得点に抑えるほどの実力もあったようです。
卒業後、1950年から1952年までの間弁護士になり、
貧困者のための活動をしています。

キューバ革命を起こした人とありますが、
チェゲバラという方ご存知でしょうか?
よく服にデザインとして書かれている方で見かけたことあるかと思います。

その方と一緒にカストロさんはキューバ革命を一緒にやったのです。

1959年にキューバ革命でリーダーとしてチェゲバラ、カストロさんはナンバー2として活躍し、
革命を起こしたのです。

当時のキューバはパチスタという首相がついていた時に貧富の差が激しかった国でした。
共産主義者たちでキューバに上陸し革命を成功させたのです。

そしてカストロは大統領になりました。
キューバ革命は貧富の差を解消しようとし、
キューバ経済を共産主義にしました。
しかしそれによってキューバ自体が発展しなかったと言う面もあります。

カストロさんはキューバでは英雄として評価されていますが、
アメリカでは評価されていません。やはり共産主義者でその面が評価されていないのです。

革命を起こした後にキューバを社会主義国家に変え最高指導者となり、
首相に就任しました。

1965年から2011年まで共産党中央委員会の第1書記をし、
1976年から2008年まで国家評議会議長と兼任をしてう閣僚評議会議長を務めていました。

スポンサードリンク

死因や原因は?

死因や原因は90歳という年齢なので、
老衰が考えられます。

本当に素晴らしい方がなくなってしまいました。
キューバ革命をおこし貧富の差を無くした素晴らしい経歴です。
天国でチェ・ゲバラと会っているでしょうか。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です