インフルエンザ予防接種筋肉注射でなく皮下注射で肘に!効果や違いは?

最近寒い日が続いていますね。
寒くて寒くて毎日つらい時期になってきましたね。
昨日飲みに行き外を歩いて帰ってきたのですが、
寒くて寒くて震えながら帰ってきました。
下手すると風邪になりかねない時期ですね。
本当寒さからくる病気には気をつけたいものです。

乾燥する日も増えてきてウイルスがどんどん増えてきて
気温が下がって繁殖しやすくなり
インフルエンザになってしまいやすくなる時期ですね。

そんなインフルエンザの予防接種ですが、
普通は予防接種は肩にするのが普通ですよね。
しかし肩への予防接種は痛いし、辛い・・・
あのつらい痛みはどうにかならないの?
と思ってしまうわけです。

そうするとなんと肩以外に予防接種をうって痛くなくやることができるよです。
そんな方法があって痛くないならこれほどいいことはないですよね。
肩に予防接種をするのが基本的ですが肩以外にも出来る場所があるのでその場所をご紹介していきます。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の位置は肩以外にどこがあるの?

インフルエンザの予防接種なのですが、筋肉注射といって
よく肩の痛い痛いところにさされましたよね。

あの強烈な痛みを毎年経験するのは辛いですよね。

しかし、肩以外にも注射ができる場所があるようなのです。
皮下注射という場所で肘の近くを注射するようです。

インフルエンザ予防接種肩じゃなく肘でいいのか?

インフルエンザの予防接種は肩が一般的ですが肘という選択肢もあるようで、
肩に近い位置に予防接種をすると筋肉に針が刺さり、あの強烈な痛みがでてしまいます。

しかし肘の予防接種をすると痛みもあまりなく予防接種をできるようなのです。
痛みが無いなんて素敵やん。そう思われますが実際効果がどうかですよね。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の肘の効果は?

インフルエンザ予防接種で肘の方が毛細血管からゆっくり浸透していくので効果が持続する利点があります。
なので肩より効果的だそうです。

そんな方法があったらやってみたい。そう思われますが、
お医者さんによるようです。
ワクチン接種をよく理解しているお医者さんやクリニックでは肘でするようです。
一度お医者さんに相談するのも良いかもしれませんね。

インフルエンザ予防接種のまとめ

インフルエンザ予防接種は肩じゃなく肘からできた。
インフルエンザ予防接種は肩より肘の方が効果的

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です