永源遥の死去の死因や原因は?つばで有名でwikiや経歴・家族は?

最近疲れが蓄積されていって、久しぶりに疲れているなと感じることがあります。
しかし逆に言ってしまえば今までおぼつかれない今日でぬくぬくしていたんだなというところもあります。
体が疲れていない状況もいいのですが、やはり疲れている方が眠気持って安いですし、疲れる状態になるのも0悪くはないのかなと感じてしまいました。

朝起きてニュースを見ていたところ、
永源遥さんが亡くなったと言うニュースお見かけ衰えてしまいました。

スポンサードリンク

プロフィールは?

永源遥さんは1946年1月11日生まれ石川県出身
所属はプロレスリングノアに所属していました。
身長178cm 体重110kg
デビューは1966年10月12日引退は2006年3月26日にされていました。

60歳まで現役として活躍されているのは素晴らしいことですね。

そして2016年11月28日に亡くなられています。

ご冥福をお祈りいたします。

永源遥さんは元プロレスラーとして有名ですが、
大相撲力士として立浪部屋所属をしていました。

1961年7月場所に15歳で初土俵入りをしました。

その2年後の1963年9月場所に序二段で、優勝しましたがその後伸び悩み、
1965年5月には大相撲やめています。
その後、1966年5月に東京プロレスに入団し、プロレスラーとして転進しました。

その時は永源遥ではなく、永源勝としてリングデビューされています。
翌年には東京プロレスが崩壊し、日本プロレスに移籍.
先客84年にジャパンプロレスを結成し、そこに移籍しその後消滅をし、
1987年に全日本プロレスへ移籍しました。

その時にジャイアント馬場さんが、
永源遥さんの顔の広さや営業能力を評価して自分の手元に置く決断
をしたそうです。
悪役商会と言うチームを組み、
ジャイアント馬場やラッシャー木村たちのファミリー軍団とよく、
前座試合をしていたことが有名です。

この時にお約束と言うものがあり
ロープサイドの攻防の最中にリングから
つばを観客席に向かって出すことがお約束になっていたのです。

2000年に全日本大量離脱があり、プロレスリングノアの旗揚げを行いました。
主にマッチメークを担当し重要なポストを願いつつ、リングにも上がっていました。
選手だけではなく運営者として敏腕を振るっていたのですね。
2005年1月丸藤正道に挑戦しそこで負けてしまい、それが最後のタイトルマッチとなりました。

2006年1月に還暦試合が行われそれが披露した最後の試合となります。

スポンサードリンク

死因や原因はなんだったでしょうか。

なくなっていた場所はお風呂場で倒れていたようです。
やはり急激に寒くなってくる時期にお風呂場で多い事故として
心筋梗塞や脳梗塞が本当に多くなる時期になってきています。
急激な温度変化により血管が異常をきたしたことによって起こってしまいます。

本当に寒い時期に怖い病気ですし、これからの時期にとても多くなる病気ではないでしょうか。
私も知り合いの人がこのような状況になってしまい方後に劣るてしまいました。

特に寒い地域に住んでいるので、ない地域に住んでいる方は特に注意しなければなりません。
入る前にお風呂の床を温めたりシャワーで浴室を暖めたり着替える場所も暖房器具お使うようにしたりと対策をしたほうがいいですね。

結婚や家族

永源遥さん結婚や家族の情報が気になって調べてみると、結婚はされていないようです。

これだけ人脈があったりしていた方でも、結婚はされていなかったのですね。
プロレス一筋だったのでしょうか。
人それぞれの幸せのあり方がマスカラ自分に選ぶべき道を選んでいったのではないでしょうか。

まとめ

突然の訃報で本当に驚きでしかありません。
最近芸能人の方でも突然なくなるということが多くなっていますし、お風呂場で亡くなられた方も存在しているほんとにこの時期にお風呂場はとても気をつけたいところです。

本当に惜しい人を亡くしてしまいましたね。

プロレスを盛り上げてきた方がやったこと本当に残念ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です