ブラジルシャペコエンセ飛行機脱落の事故原因や乗っていた選手は?

チャペコエンスブラジルの選手を運ぶ飛行機が墜落したというニュースがありました。

チーム全体がのっていたようで、
チャーター機をのっていました。

チーム全体で墜落という状況は驚いてしまいました。
なぜそうなったのかも調査していきます。

スポンサードリンク

CP2933の航空機が墜落し、生存者はいるようです。
負傷者10名と報道されています。

72人の乗客員と9乗組員が載っていたようです。
ボリビアからコロンビアに向かっていたところ墜落 したようです。

主な搭乗者は

CB チエゴ(2010京都)
MF クレーベル(2005柏)
MF アルトゥール・マイア(2015川崎)
MF ラファエル・バストス(2009札幌)
FW ケンペス(2012C大阪、2013-14千葉)
モイゼス(福岡)
監督は元神戸カイオ・ジュニオール

などの選手や監督が乗られていたようです。
今まで日本で活躍されてきた選手で、
ほんの数年前に活躍されていた人ばかりで今回の事故は驚きでしかありません。

飛行機事故はたまに聞きますが、
飛行機自体は安全なイメージですし、
自動車事故よりも少ないです、
しかし、大きな事故や犠牲者が何人もでるために、
辛い事故になってしまいます。

そして日本で活躍されていたサッカー選手なので
なおさら悲しみも増えてしまいます。

スポンサードリンク

ブラジルシャペコエンセのチームとは

クラブの本拠地はサンタカタリーナ州のシャペコで1973年に設立されたチームです。

1977年に同州選手権をせいし初タイトル獲得、
1978年にブラジル全国大会1部に昇格しました。

2014年に35年ぶりに1部復帰。
昨季は14位今季は9位。

飛行機事故はありえることなのですね。

原因はなになのか?

ボリビアからコロンビアに向かっていたところ墜落ということですが、
燃料不足が原因ということが言われています。

チャーター機の不備だったのでしょうか。
燃料が漏れていたなども考えられます。

今現在負傷者10人と生存者はいるようなのですが、
あまりにも大きな事故となっています。

燃料不足が原因とはありますが、
最初から整備ミスでしたら、恐ろしい事故です。
もしくは燃料漏れだとしても整備不良ですし、
間違った進路に飛行機を進めていて、
それにより燃料切れを起こした可能性もあります。
今のところはっきりとした内容は分かりませんが、
燃料不足とだけ報道されています。

なにが原因だったのか、本当になぜこんなことが起こったのか
残念でなりません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です