花粉症の1月下旬の症状がの原因や理由対処法は?ハンノキが原因?

花粉症は基本的には春や秋の時期にでるというイメージですが、
春や秋だけでなく花粉症になってしまう時期ってありませんか?
1月にすでに花粉症の症状がでているなんてことはありませんか。

その原因について考えていきます。

スポンサードリンク

花粉症1月下旬なのに症状がでる原因は?

1月の下旬にも花粉症のような症状がではじめるなんてことはありませんか?
それは1月の下旬から花粉が飛び始めているからです。

スギ花粉は吸収や関東では1月下旬から飛び始めているのです。

またハンノキというカバノキ科の植物が花粉を飛ばすことによって
花粉症が発生します。

症状としては果物アレルギーと併発する可能性もあります。
口の中に痒みを感じ喘息のような症状がでて、呼吸困難を起こす可能性もあります。
構内アレルギーにより、唇の痒み、ピリピリ感晴れなどがでます。
それ以外に下痢福通、鼻水、充血、蕁麻疹などを起こします。
ヒドイ時はアナフィラキシーショックで呼吸困難を起こす可能性もあります。

花粉症1月対処法は?

花粉症がひどいばあいは、医療機関で検査をしてもらい、
花粉症のチェックをしてもらうことをおすすめします。

症状が出る前からお薬をのむことで初期治療で抑えることも可能です。

症状がでてしまったら抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などでたいしょしていきましょう。

対処法としては
マスクやメガネスカーフ着用
花粉のつきやすいウール衣類は控える
帰宅時は花粉を払い落とし
手洗い洗顔うがいをする

干していた選択は花粉を払ってから取り込む。
花粉の飛散量の多い日はドアや窓を閉めておく。
などの対処法が大事になってきます。

花粉症1月にでるハンノキとは?

ハンノキという気も1月下旬から花粉を飛ばし始めます。
飛散時期は1月から4月になり、
日本全体に分布されています。
スギ花粉と同じ時期に発生することがあるので、
花粉症とスギ花粉と勘違いされやすいですがハンノキによるものが多いのです。

まとめ

1月下旬から花粉症のような症状が出る場合は
花粉がないのに花粉症の症状が出ると思ったら医療機関に相談してみましょう。

1月からもハンノキの花粉はまっています。

身近なところから花粉症対策をしていきましょう。

最初から花粉症が出る時期を知っているなら初期治療を行い
花粉症を軽減していきましょう。

事前の対策や花粉症の時期の身の回りの対策で
花粉症から悩まされない体が楽で健康的な生活をしていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です