満腹ホルモン(レプチン)摂取方法とレシピは?その原因Xにあり

冬になると美味しいものが多くなってきますし、追追記食べ過ぎてしまいますよね。
そして冬場は動く事も少なくなってくるので必然的に太りやすい状態ができてしまいます。
痩せたい痩せたいとは思っていつつ。
つい食べ過ぎてしまいますし、どうにかならないのと思ってしまいます。
冬なんてて歩く機会も減ってきて動きたいもののどんどん太る状況になっていくばかりです。

その時にテレビを見ていると、
冬の太りやすい状態を解消してくれるような話題があったのです。
ついつい食べ過ぎてしまうと言う原因があるようで、
それは満腹ホルモンと言うものが関係しています。
満腹ホルモンというのは、食事をしている時に
満腹ホルモンが満たされることによってお腹がいっぱいになっている。
と認識してくれて食欲を抑えてくれます。

その満腹ホルモンが正式名称はレプチンと言うホルモンで食べ過ぎを抑えてくれます。

通常は食事をして20分程度経つと
満腹ホルモンが分泌し脳にお腹にいっぱいになったというサインを出し満腹を感じます。
その流れがうまくいっていれば食べ過ぎることがなく済むのです。
しかしこのレプチンは過度なダイエットをしていくと満腹ホルモンが減少してしまうのです。

それにより普通なら満腹を感じるところがお腹にいっぱいになったという
サインが出ずにどんどん食べてしまうのです。

しかしダイエットしてしまうと、
満腹ホルモンが減るならどうすればいいの?

そうなってしまいますが、

満腹ホルモンレプチンを増加する方法があります。

睡眠を8時間以上とる

1日8時間以上寝ることが大事なのです。
睡眠時間が8時間以上超えると急激に満腹ホルモンの量が増えます。

しかし現在の忙しい時に8時間以上眠ると言うのは難しいかもしれません。
そのために次の方法があります。

動物たんぱく質を摂取

動物たんぱく質を摂取することにより満腹ホルモンが増えます。
動物タンパク質といってもいろんな種類がありますが、
カロリーが高い商品もあります。
その中でこうたんぱく質で低カロリーな食材がツナ缶です。

ノンオイルのツナ缶を選べばカロリーは50kcal で、
タンパク質は約11.6g 摂取することができます。
しかしタンパク質が体に一度に吸収されにゃ限りがあります。

1日の食事で上限30g までおみやすに摂取しましょう。

それをふまえるとツナ缶の摂取する量は1日2缶までか良いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です