冬寒さ対策で部屋の窓やカーテンや床の対策で温かくするには!

冬の部屋の寒さ対策これから重要になってきますね。
できるだけ節約はしたいものの寒いことには辛いので
できるだけ節約をしながら部屋の寒さ対策をしていくことにしました。

スポンサードリンク

冬寒さ対策部屋の床は?

床が寒いと足元から冷えてしまいますよね。
そこで床の寒さ対策はどうすればよいのでしょうか。
・カーペットを敷く
普段からカーペットを敷いていない場合、毛足の長いカーペットを敷くだけでも足元が暖かくなりますよ。
これなら電気代もかからないので安くすみますね。
・コルク材などの保温・断熱素材のマットを敷く
これも電気代がかからないので便利です。カーペットと併用すると床からの冷たさも感じず、温まった分は逃がしません。
・電気カーペットを使用する
電気代はかかりますが、すばやく温まり、均一に床を暖めてくれます。
また、先ほどのコルクマットを下に敷いておくと更に効果的ですが、商品によっては電気カーペットの使用ができないものもありますので、購入時に注意が必要です。
以上のような方法で床の寒さを対策することができますので、自分に合った方法で対策してみましょう。

冬寒さ対策窓は?

窓の寒さ対策はどのようにすればよいのでしょうか。
・防寒シートを貼る
ホームセンターなどに防寒シートという窓に貼るシートがあります。
それを貼ると外気からの寒さを通しにくくしてくれるので、部屋が寒くなりません。
・梱包材(プチプチ)を貼る
効果は防寒シートと同じですが、防寒シートよりも安く手に入るので窓の面積が大きかったり、窓の枚数が多い場合はこちらの方が安く仕上がりますよ。
・厚手のカーテンを引く
外気が部屋に広がらないよう厚手のカーテンで外気を遮断しましょう。
冷気は下に行くので、カーテンも長めのものを使用すると更に効果的です。
以上のような方法で窓の寒さ対策ができます。
これも自分に合った方法で対策をしてみましょう。

冬寒さ対策カーテンは?

窓の寒さ対策にはカーテンが効果的としましたが、どのようなカーテンを選べばよいのでしょうか。
まずメインのカーテンは厚手のもので長いものを選びましょう。機密性が高く、断熱性のあるカーテンということで遮光カーテンが適切です。
しかし、遮光カーテンは文字通り光をあまり通しません。日中は日の光を家の中に取り込みたい…となるとレースカーテンも必要になります。
また、レースカーテンを併用するとカーテンも枚数が増えますので断熱性も上がります。
日中使用するレースカーテンは断熱性・保温性の高いミラーレスレースカーテンを使用すると効果的です。

まとめ

冬の寒さ対策は重要です。
少しでも家で快適に過ごしたいものですので、自分に合った方法で寒さ対策をするようにしましょう。
また、自分自身体を冷やさない工夫をするといっそう温かく過ごせるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です