くも膜下や脳動脈瘤の手術フローダイバーター吉村紳一武の家庭の医学

くも膜下出血や脳動脈瘤に対して効果がある画期的な手術があるのです。
そんな内容がたけしのみんなの家庭の医学でやっていたのでした。

スポンサードリンク

くも膜下や脳動脈瘤の手術フローダイバーター

兵庫県医科大学脳神経外科主任教授吉村紳一さんが
新しい治療法を提案したのです。

小さな筒を使うのうどうみゃくりゅう

フローダイバーターという治療器具を使うのです。

直径1ミリから3ミリのカテーテルを使ウのです。

太ももからカテーテルをいれるのです。
血管の中からカテーテルを通してリスクを減らすのです。

脳動脈瘤の場所までカテーテルを通してあげるのです。

脳動脈瘤に触れると破裂してしまう危険があるので、
そうならないうようにしていきます。

フローダイバーターという4ミリ程度の筒を使うのです。

フローダイバーターはカテーテルの中にいれていき、
脳動脈瘤が起こっている部分にいれることにより、
脳動脈瘤のコブがなくなるのです。

血管の中でフローダイバーターが隙間なくフィットさせていくことで、
脳動脈瘤への血流が抑えられて
コブが少しずつ小さくなっていくのです。

実際に脳動脈瘤になったゆきえさんが実際に
その手術を受けることに。

治療のポイントはフローダイバーターを密着させることが
ポイントのようです。

スポンサードリンク

手術の流れは

右足の付け根を5mmきります。
そこからまず太いカテーテルを通していくのです。

次に更に小さいカテーテルをとして脳動脈瘤の手前まで通すのです。

ここからが第一関門で
3本目の小さいカテーテルを脳動脈瘤の場所まで通します。

先端を脳動脈瘤にもし触れても破裂しないように丸めるようです。

脳動脈瘤は大きく曲がりくねっているので、
カテーテルの方向を微妙に調整しながら入れていくのです。

大動脈瘤のコブの中に入らないようにいれていくのです。

最後にカテーテルの中にフローダイバーターを入れるのです。

そして脳動脈瘤の先まで入れるのです。

脳動脈瘤の狙いの位置までいれます。

そしてフローダイバーターを押し引きして
開いて血管の中で金網状のものを開いて血管のカタチに
そうように開いていくのです。

血管の壁を傷つけない微妙な力加減で押し引きしていきます。

カテーテルを引き切りフローダイバーターが完全に開き完了です。

フローダイバーターが血管に1mmの好きもなく設置され完了です。

血管造影剤をいれて、確認をするのです。

そして動脈瘤のところで残るので、
それで上手くいったことになるのです。

血液が残ることで新しく血液が入らないことにより、
手術が成功したのでした。

死をも覚悟したくも膜下出血からゆきえさんは救われたのでした。

フローダイバーターは大型の大動脈に対しての
画期的な治療になります。

触ることで破裂することに対しての新しい治療法なのです。

ヨーロッパでは2008年から、
日本は今年からつかわれるようになったのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です