加賀の井酒造火事で焼失か?新潟県糸魚川(いといがわ)市の火災原因

加賀の井酒造がが新潟の糸魚川しの火事が原因で火災に

冬となると空気が乾燥してしまうことによって、いろんな事が起きてしまいますね。
新潟県の糸魚川市で大規模な事故が起こってしまいました。
12月22日午前10時30分頃に新潟県中糸魚川市て大規模な火事が起こってしまいました。

スポンサードリンク

糸魚川しの火事はどんなものなのか
最初のニュースでは住宅や飲食店が火災に巻き込まれ50楝を超える火災が起きたと報道されていました。
その後さらに丸梶は拡大していき、午後3時30分の頃には140楝の延焼がと起こりました。

災害対策本部を設置。陸上自衛隊の災害派遣を要請している。

火災がまだまだ収まることがなく本当にた恐ろしい感じですね。

糸魚川しの火事の原因としては

商店街の中華料理店からと出火し、その出火が原因で火災が広がっていきました。

密集している住宅地であったり商店街であり、
木造の建物などが多い所得など原因が重なっていき火事が広がっています。

加賀の井酒造が新潟県糸魚川の火災に巻き込まれる。
新潟県糸魚川市にお酒の有名店があります。

加賀の井酒造も火災に巻き込まれてしまったようです。

スポンサードリンク

加賀の井酒造とは?

場所が新潟県糸魚川市大町2-3-5
加賀の井酒造がという有名な日本酒メーカーがあったのですが、
創業350年の老舗の加賀の井酒造が燃えているということに対してTwitter では話題になっています。

快感の張りはイノベーションされているものの店内は昔ながらの内観を残しており、
店内ではある蔵で作られるお酒もテイスティングできる場所があったようです。

歴史のある酒造で地元では有名なお店

お店の方の接し方もとても良かったようです。

加賀の井の井は水を活かした酒造りで、
硬水を使いお酒を作ってきました。
ミネラル分が豊富で硬水仕込みの水を使い米の味がしっかりと活かされていたようです。

淡麗な清酒を造るために欠かせない低温長期醗酵に適した環境があり、
土壌も素晴らしく、環境としてはとても良い環境にあり、350年も続いていたお酒店
加賀の井酒造が火災になってしまったのが本当にショックですね。

田中文悟社長がメッセージを発言しており
倉は全消失しましたが、蔵人全員は無事です。
必ず再建します。

という言葉を残しており、
また再建され、受け継がれていくことに本当に嬉しい限りですし、
力強い言葉が素晴らしいです。

今後また復活していただき、
歴史を続けていってほしいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です