突発性難聴を人工内耳で解消!岩崎聡先生みんなの家庭の医学

国際医療福祉大学三田病院
岩崎 聡先生

人工内耳埋込術という方法で
突発性難聴を解消することができるのです。
これがたけしのみんなの家庭の医学で放送されていたのでした。

スポンサードリンク

人工内耳はどのようにして治すのでしょうか。

人工内耳を使うことによって
突発性難聴を解消できるのです。

一昔は内耳に異物をいれると、
内耳が破壊されていたのですが、

医療機器の向上と
医師の進歩によって内耳に人工内耳を入れられることになるのです。

1.手術は耳の後ろを4ミリ開け
2.蝸牛の部分までドリルで穴を開けていきます。
顔面神経と味覚神経を傷つけないように進めることが必要です。

神経に近づいた時にアラームで危険をしらせてくれる装置を使い穴を
進めていくのです。

そして穴をミリ単位で調整していくのです。

空洞がでてくると蝸牛が先にあるのです。

3.蝸牛に人工内耳の電極を挿入していきます。

電極を蝸牛へと挿入。

10秒で2ミリ以下進めるという作業を15分間続けて
人工内耳を蝸牛の奥まで進めていくのです。

レントゲンで見ると渦巻き型に人工内耳が入っているのがわかりました。

手術の傷がいえた後に、
耳にマイクを付けて、人工内耳が聞こえるかどうかのテストがあるのです。

耳は聞こえるように
復唱できるかどうかをチェックしました。

すると、復唱ができ耳が聞こえるようになったのです!

突発性難聴で聞こえなくなっても、
最新医療によって耳は聞こえるようになるのですね。

スポンサードリンク

人工内耳は突発性難聴の人には画期的な治療法でした。

画期的な手術と先進技術で耳が聞こえるようになった姿は
感動的でした!

生きる希望を取り戻したようで、
とても感動しました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です