お正月掃除や洗濯はダメ?理由の物忌みとは?いつからしていいのか

お正月に掃除や洗濯はダメ?昔の風習によるお正月の考え方とは?
お正月に掃除洗濯だダメな理由は?福の神と密接した昔の人の偉い考え方とは?
お正月で物忌みという言葉知っていますか?物忌みから見える福の神の秘密・・・

これらのお正月のタブーややっていいことを書き記していきます。

スポンサードリンク

お正月掃除洗濯はダメ?

お正月の三が日は掃除や洗濯などの家事をしてはダメだという風習があるそうです。
そんな風習聞いたことないという人も多いのではないでしょうか。
今ではなかなかそういう風習通りにすることも難しいですが、昔はそういう風習があり今でもそのようにしている人もいるそうです。
ではどのような風習なのでしょうか。

お正月掃除洗濯ダメな理由は?

ではなぜお正月に掃除や洗濯などの家事をやってはいけないのでしょうか。
お正月には福の神がやってくるとされています。そのために注連縄や鏡餅を飾っているんですよね。
そこで掃除や洗濯をしてしまうとせっかく来てくれた福の神を追い出してしまいます。
なので掃除や洗濯をしてはいけないということになっていたそうです。
また主婦を休ませるためという意味もあるそうです。
昔は今と違って家事をするのもとても重労働でした。そこでお正月の三が日くらいはゆっくりすごせるようにと掃除や洗濯などの家事をしないようにしたという説もあります。

お正月物忌みとは?

物忌みとはどんな意味でしょうか。
物忌みとは方角や暦による災いを避けるために一定期間身を清めて家にこもることだそうです。
そのためお正月前にする大掃除が家にこもる準備とされています。
ちなみに三が日に掃除や洗濯がダメだといいましたが、火を使うため料理をすることもダメだとされていたそうです。
そのためにおせち料理を用意して料理をしないようにしていたそうです。
おせち料理にもそんな意味があったなんて知らなかった人も多いのではないでしょうか。

まとめ

お正月に掃除や洗濯をしてはいけない理由はわかりましたでしょうか。
今の時代なかなか実行するのは難しいですよね。しかし、今は昔ほど掃除や洗濯は難しくありませんので、できる範囲でやるのはいいのではないでしょうか。
しかし主婦が大変なのは確かなので少しはゆっくりするのもいいですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です