お年玉の相場は赤ちゃん0歳1歳2歳3歳の平均額はいくらあげる?

お正月の親戚同士で集まった時にお年玉の交換があると思います。
そんな時に赤ちゃんがいる親戚がいる時にどうしたらいいの?
なにを上げればいいの?と困ってしまうことがあります。

お年玉の相場の赤ちゃんへの相場はどうなっているのか?
お年玉の相場の金額は年齢別にどうなっているのか?赤ちゃんでの金額を公開
お年玉の相場の平均額はどう考えたらいいのか?世間一般の平均額を公開
全体的に見てみるとこうなりました。

スポンサードリンク

お年玉相場赤ちゃんへは?

お正月になると気になるのはお年玉の金額ですね。
幼稚園や小学校に上がる頃にあげる人は多いですが、赤ちゃんにお年玉をあげる人はいるのでしょうか。
実は赤ちゃんにお年玉を上げる人は全体のおよそ20%程度の人だそうです。
自分の子供が赤ちゃんのときにお年玉をもらっていたり、関係性が深い場合はあげるというのが理由のようです。
なので、必ずしも赤ちゃんにお年玉をあげなければならないというわけではないそうです。
赤ちゃんだったらお菓子やちょっとしたおもちゃなどの方が喜ばれるかもしれませんね。

お年玉相場0歳1歳2歳3歳へは?

ではあげるとしたらいくらくらいが相場になるのでしょうか。
あげる人は少ないですが幼稚園や保育園に行ってない0歳~2歳くらいには500~1,000円が相場のようです。
この時期はお年玉を現金で渡すよりお菓子やおもちゃをあげた方が喜ばれたという人の方が多いようなので、相場相当のお菓子やおもちゃを用意したほうがいいかもしれませんね。
幼稚園や保育園に通いだす3歳くらいから本格的に渡すようになる人も多いようです。
ここでも相場は500~1,000円になります。このくらいの年になったらお金を渡してもいいかもしれません。
以上のような感じが相場になりますので参考にしてください。

お年玉相場平均額は?

お年玉の相場の平均額はいくらくらいになるのでしょうか。
大体多いのは5,000円だそうです。次いで3,000円になるそうです。
また年齢や学年によって金額を変えている人が多数で、一般的には「年齢÷2×1,000円」や「年齢×500円」というのが多いようです。

まとめ

お年玉は毎年悩みますよね。
赤ちゃんにお年玉をあげるかどうかは関係性や自分がもらったかどうかを参考にあげるようにするのがいいようです。
あとは相場を参考にしてあげるようにすれば問題はないと思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です