糸魚川燃えなかった家の奇跡の一軒の建築家は誰で何故燃えなかった?

新潟県の糸魚川の大火災は本当に驚かされましたね。140楝の住宅やお店などが火災に巻き込まれてしまい、350年間続いた。酒蔵も火災に遭ってしまい、一夜にして本当に驚きでしかありません。

その中でほとんど全勝していた中で木造住宅が一つだけ残った家がありました。会社員の金沢隆夫さんの家がなんと一つだけ残ったのです。

スポンサードリンク

なぜその家だけが残ることができたんでしょうか?

一件だけ偶然に残ったということで、
奇跡的に残っていることに本当に驚きですね。家が残った理由としては家のマリネ、十分なスペースがあったことや窓ガラスが二重で金網が入っていたことまた、風向きの影響によって、火災が前していた部分がありますが、その影響もあるのでしょう。

しかし家が残ったのはいいもの.完全にこのまま進めると言う状況でもないようです。外からの熱により、家の中側が熱されてしまい.例え燃えないとしても、内部が蒸し焼きになって修理費などにもお金がとてもかかってしまうようです。
実際のところどうかはわからないのですが、
色々と難しい面はあるようです。

見た目だけでは判断のしようがないですし、実際住めるかどうかもわからない状態です。しかし家の中の物が残っているということはとてもありがたいことではないでしょうか。

スポンサードリンク

建築家は誰なのか?

2007年に新潟中越沖地震かありません。家を建て直そうと考えていた風間さんは地元の建築家に丈夫な家と依頼したのです。2008年春に2階だての250平方メートルの家を建てたようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です