アメトークの観客席で同じ蛍光色メッシュ帽子(キャップ)被るのは?

アメトークのスペシャルは本日やっていて本当に面白いですね。私個人で面白かったのは、運動神経悪い芸人が本当にツボでした。狙っていずにあれだけ天然で笑いが取れるのは本当に素晴らしいですし、天然だからこそ面白い笑いが取れるのでしょうね。
涙が出るほど笑えてしまいました。

それでアメトークを見ているとゆるときになることがありました。

スポンサードリンク

アメトークを観覧するための一般人の観客の方が見ていますね。その時に見ていると、なにやら帽子をかぶっている人が多数見受けられます。緑の帽子や赤の帽子青の帽子をかぶっている人など結構見かけるのですが、あれってなんのためにやってるんだろうなとすごく気になったんですよ。

すごく気になったのです。なぜなのかと調べてみると、
あれは番組側のカメラワークのためのようです。

カメラマンなどが、撮る場所を定めるために帽子をかぶらせているようです。

観覧前にかぶりたい人を募集して、
被らせて席ごとに座らせていくようです。

スポンサードリンク

そして帽子事の色分けと席ごとに分けていくのでしょうね。

それで記念にあの帽子はもらえるのかと思ってしまいますが、実はあの帽子は収録が終わったらそのまま回収されてしまうようです。人によってはもらえるのかなと喜んでしまう人もいるようですが、番組終了後、しっかりと回収されてしまうので残念と悲しむ人も多いようです。

終わりに
テレビで観客席をうつされた時にか帽子はなぜ同じような帽子をかぶっていて、色違いをかぶっているのかとても気になったのですが、それが解消してスッキリできてよかったです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です