服部勇馬(トヨタ)弟の風馬兄弟は?彼女や実家や家族やwiki経歴調査

ニューイヤー駅伝が始まりましたね。

元日恒例の第61回全日本実業団対抗駅伝競争
7区間100キロが開始されました。

3連覇を狙うトヨタ自動車は最長距離の22キロの
4区に東洋大出身のふくべゆうまを起用しました。

ニューイヤー駅伝デビューで、
設楽悠太と東洋大のOB 対決になりました。

さらに神野大地、今井正人選手と箱根のスター選手が勢ぞろいしました。

服部勇馬選手どんな選手のかチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

服部勇馬のプロフィールは

服部 勇馬(はっとり ゆうま)
生年月日1993年11月13日(23歳)
出身地 新潟県十日町市
身長 176cm
体重 60kg
血液型 O型

箱根駅伝
2013年9区(3位)
2014年2区(3位)
2015年2区(1位)
2016年2区(1位)

2016年第10回東京マラソン 2時間11分46秒(全体12位・日本人4位)

自己ベスト
5000m 13分36秒76
10000m 28分09秒02
ハーフマラソン 1時間03分37秒
30km 1時間28分52秒 (日本学生記録)
マラソン 2時間11分46秒

実家は新潟になります。

服部勇馬選手の弟は?
服部勇馬選手の弟が検索されていて、
服部勇馬選手と同じように活躍されている選手だからこそ検索されるのでしょう。

そして、調べてみるとやっぱり活躍されている選手でした。

服部弾馬さんと言う弟で、
陸上選手として豊川高等学校を卒業し東洋大学経済学部在学中

1500メートルと5000メートルの東洋大記録保持者です。

弟さんもすごい記録の持ち主なのですね。

他の兄弟は?
三男の風馬さんは豊川高校三年生で陸上をやっています。

弾馬さんと同じ東海高校に通われていて、もしかする陸上競技で
活躍してます名前が有名になるかもしれません。

長女の葉月さんも陸上をやられていて、
今後活躍した姿が見れることを期待しています!

服部勇馬さんの出身中学、高校や経歴は?

服部勇馬服部勇馬さんの中学校は十日町里中学校です。

この時に活躍した結果を見ていた
仙台育英の監督の清野純一さんの
目に止まりスカウトされた形で
仙台育英に入ることになります。

ふくべさんは最初は仙台という場所に
離れて暮らすことが嫌で、
行く気はなかったのですが、
大学進学でどうせ家を離れるのなら
3年間早いだけだと言う父の説得によって
高校仙台育英高校に進むことにしました。

大学は東洋大学経済学部
に進学されています。

東洋大学を選んだ理由としては、
2011年の春の大会で福島の選手に、1500メートルで負けてしまいました。

その時に東洋大学の酒井監督がそれに対して厳しいアドバイスをしてくれました。

その時の出会いによって、東洋大学に入りたいと思い進学に至りました。

大学卒業後の進路は?

大学卒業後の進路はトヨタ自動車陸上長距離部に入りました。

複数の実業団チームからお誘いがありましたが、トヨタに決定し、トヨタに決定した。

理由は何だったのでしょうか?
トヨタ自動車陸上長距離部は1985年に作られ、
2011年と2015年と2016年に全日本実業団対抗駅伝競走大会のニューイヤー駅伝って優勝しています。
そんな歴史のあるチームで活躍したいと考えたのです。

そして、2017年にはニューイヤー駅伝にトヨタの代表として四区に選ばれています。

服部勇馬選手に熱愛彼女はいるのか?
服部勇馬選手に彼女がいるかどうか気になりますね。

調べてみると、國學院大学陸上競技部の川崎まりなさんと
交際していると言う情報がありました。

2015年7月に一緒に歩いていることを目撃したと言う情報だけなので、
完全に交際しているかどうかというのは分かりづらい面ではありますが、
そこから2年も経っているので今のところはどうなんでしょうか。
今でも続いていたら素晴らしいですよね。
そこまで続いているのならば結婚して欲しいと思ってしまうところです。

川崎さんはマネージャーとしてだれてきているので、服べさんを支えるのにはとてもいいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です