インスタント麺にある物を入れおいしく!丹佳夫得する人損する人

インスタントラーメンに、
あるものを使って仕上げると生麺のようになるのです。

それは重曹なのです!

家事えもんがよく作っているじゅうそうですが、
掃除用だけではなく、料理用の重曹もあるのです。

普通のインスタントラーメンを食べると、
インスタントにはインスタントの良さのですが、

小さじ2杯の重曹を入れる。
麺を3分茹でる。

器にスープと麺を別ザラにするのです。

麺は洗わずにいれるのです。

完成したもんを食べてみると、

坂上忍さんは

生麺でモチモチという反応が!

全然違うようです。

この不思議なレシピを教えてくれたのは、
丹佳夫なのです。
京都大学大学院の修士学を取得、
リカ検定化学1球
得川コナンなのです。

教員免許ももっているようです。

かんすいという成分が
炭酸ナトリウムを含む物質で
冠水をいれることでふっくらもちもち

インスタント麺にも入っているのですが、
油であげる時に色が変色してしまうので、
少なめにいれているのです。

重曹を

重曹は炭酸水素ナトリウムなのです。

お湯の中に居れた重曹は
ブクブクと泡が出た時に
二酸化炭素がでていきます。

そして水も発生しています。

重曹から二酸化炭素が抜けて、
水が抜けたら物質は、
残ったのは、かんすいになるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です