世界最小ロケット(jaxa)の打ち上げ失敗の落下の理由や原因は?

2017年1月15日に宇宙航空研究開発機構のJAXA で世界最小ロケットSS 520の4号機の打ち上げがあり、とても期待が高まっていましたね。

15日午前8時33分に鹿児島県肝付町の宇宙空間観測所で打ち上げが行われ世界最小ロケットが打ち上げ成功するかとても期待されていました。

スポンサードリンク

しかし、期待されていた打ち上げロケットはなんと失敗に終わってしまいました。
その理由や原因は何でしょうか。

打ち上げ後約20秒後にデータを受信できなくなります。
JAXA は第2の点火を中止し機体はそのまま海に落下しました。第1段エンジンの燃焼中の期待の情況表すデータを受信するはずだったのですが、そのデータが受信できなくなってしまったことにより安全確保をするために第2弾の点火を中止しました。

スポンサードリンク

今の所細かな原因は究明中ということで、
電波受信による問題が原因でデータ受信さえうまく行っていたらどこまで飛ばすことができたのかという期待もありながら、データ受信が原因による期待のミスではなく、まさかそんなところでミスを失敗するのかと言う場所でミスをしているので、発射による不具合や何かが起こってしまったのでしょうね。

今回のニュースを見てみて、ドラマの下町ロケットを思い出してしまいました。一番最初の時も阿部ひろしさんがロケット打ち上げの主任となっていたのですが、打ち上げに失敗してしまい左遷されて最終的には宇宙機構辞めてしまうという状態でしたが、
今回失敗をして今後どのような状態に持っていくかとても気になるところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です