六七質(むなしち)西野のえんとつ町のプペルで名前出さない理由は?

六七質さんが話題にキングコングの西野さんがえんとつ町のプペルの絵本でまたまた炎上させてしまってますね。
この人って炎上がうまいですね。

なぜこんなにも炎上してしまうのか不思議でならないぐらい何をやっても叩かれてしまいますね。

しかし本人は本当に好きなことをやっていて何を言われたとしても、
自分が好きなことをやっているので全く気にならないらしいです。

ハート超強い!

そんなことを気にしているよりは、
次はどんな楽しいことできるのかを考えていたほうが楽しくてしょうがないと言う話をされていました。

今回も大きな炎上を起こしていますが、
全く屁とも思っていないんでしょうね。

スポンサードリンク

そんなキングコングの西野さんが今回炎上したのはスペルの絵本のことについてですが、
クラウドファンディングって1000万もの資金を集めて絵本作りを開始して、
各分野の絵描きやイラストレーターを集めて絵本を作成し、
自分の名前で売りました。

その後自分で1万部購入したりしながら
最終的にはアートでお金を稼ぐのは悪だと言い始め金の奴隷解放宣言として無料で全編公開したわけです。

しかし実際のところ、
西野さんが一人で描いたわけではなく、
分業制で一人一人得意分野を持ったイラストレーターが
33人集まり書いてそして資金はクラウドファンディングで本が売れて資金回収した後に無料公開ということでお金の奴隷解放宣言という。

話をされていますが、
実際クリエイターの人たちは作画として名前が出ていないことに納得しているのか?
ということで炎上しています。

また、せっかく書いたのに絵本の作画担当として名前が出ないことなども話題になっています。
そしてキングコングの西野さん自体も虚しちさんの名前を表紙に出すつもりはないとツイキャスって言われていて、
自分が監督だからジブリ作品でも大勢で作っているが、
宮﨑駿の名前しか出ないと言う理由で出さないということを言われています。

えんとつ町のプペルのメインの作画で参加されていた

スポンサードリンク

六七質さんとはどんな方なのか?

ほとんど表に出ない方のようで、

イラストレーター。町並み、工場、廃屋、巨大建築物などをモチーフにするのが好き。
お仕事に関するお知らせを主につぶやきます。イラスト、お仕事情報はブログにまとめています。

とツイッターには明記されています。

東京にすまれているようで、
えんとつ町のプペルは六七質さんを中心に描かれています。

今回もまたまた炎上されていて、
六七質が中心にえんとつ町のプペルを描いたのなら
名前が出るべきだという人も多数いますが、
六七質さん自体は作品が世に出て多くの人の目に触れるだけで
満足するタイプで、名前を出さなくても作品が世に出ていれば
それで満足するのかもしれません。

なので、世論のガヤがいろいろ言ったところで、
キングコング西野と六七質さんとで、
そういう契約ができているから問題ないのだと考えられます。

2人の間で需要と供給ができているのにたいして、
周りの人がおかしいだろうと、2人の間では炎上の火が出ていないのに
周りが炎上だ炎上だと言い放って火をくべている状態で、
二人の間では信頼関係や契約関係がなりたっていてなにも問題ないのではないでしょうか。

キングコング西野さんは楽しく幸せにやれていて、
六七質さんもそれに同意してやれているのではと思います。

それが上手く行かなかったら、
訴訟なりなるだろうし、周りはそんなにまくしたてなくてもという状態かと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です