千石剛賢のイエスの方舟とは?プロフィールや嫁や子供や現在は?

千石剛賢さんが話題に。

爆報フライデーっていろんな気になる人見つけ出してきますね。

その世代の人でもとても気になるでしょうが、
私の場合はでている人は世代もそこまで関係ないですし、
名前も聞いたことがない人が手できたりしますが、
爆報フライデーの見せ方なのかとても面白く見ることができます。

そして1月27日の爆報フライデーにでられる
千石剛賢という方はなにやら変わった生き方をして、
とても話題になったり報道されたり、
問題になった方がでてきます。

スポンサードリンク

この千石剛賢さんの事についてすプロフィールや今までの生き方の経歴などをチェックしていきましょう。

千石剛賢さんのプロフィール

生年月日:1923年7月12日
没年2001年12月11日
出身:兵庫県加西郡有田村
学歴:有田高小

千石剛賢さんはお金もちの家に生まれ主な生活を送っていました。
20歳の頃に海軍に入隊し終戦を終えて生き抜くことができました。
その後自分で経営などをしながら工場やレストランなど経営していたものの、
全くうまくいかずにその後、
教会に通い始めました。

そこから何かのきっかけで目覚めたのでしょうかある騒動を起こしてしまいました。

イエスの方舟事件

イエスの方舟事件と言う事件を起こしてしまったのです。
方舟って感じてこのように書くのですね。
それを知らなかったことにまず驚きを隠せません。

その様子の方舟事件とは1978年に若い女性が失踪した言う事件がありました。

その原因となったのは千石剛賢さんで
千石剛賢さんは信者を連れて各地を転々としていき
拉致誘拐騒動へと発展していきました。

千石剛賢さん的にはイエスの方舟と言う
中心に立ち若い女の子の行き場がなくなった人達を
保護していったようなものです。

彼女たちの多くは裕福な家庭の娘であったり、
親の過保護や決められた人生にうんざりしたり絶望した人が複雑な実際にも言えないような問題を抱えた人たちが集まった集団です。

千石剛賢さんをしたって集まってきました。

それに対して親たちが娘が洗脳を受けて連れ出されてしまった。
娘を返してほしいと打ったよ起こしていきました。
実際のところはマスコミなどが宗教だの誘拐だのと大きくしてしまい、

女の子たちも自分たちから行ったのにも関わらず
連れ去られたと報道して行ったのでしょう。

警察は女性たちの家出や行くことは
自主的であるとみて連れ戻すことはできませんでした。

その後、

家族が警察の対応には納得できず、
その後直接千石剛賢さんたちが住んでいる場所に行き、
連れ戻そうとしていきました。

その結果イエスの方舟の信者26名と千石剛賢さんは共同生活を中止し逃亡しました。
その後に20年以上も転々としていたようです。

スポンサードリンク

イエスの方舟の現在は?

イエスの方舟は今現在クラブを経営しています。
福岡の中洲にシオンの娘と言うクラブを経営しお客さんの悩みや相談を受け付けています。
千石剛賢さんと一緒に住んでいた人達は連れ戻され、

1次家庭に帰ったものの、
その後また千石剛賢さんを追って共同生活を再開しました。

その時の26人たちは今でも一緒にいて、
その後また加わった人が3人もいるようです。

今もイエスの方舟が存続しているということは、
千石剛賢さんも今現在も生きているのかと思いきや、

2001年12月11日に78歳で亡くなっています。

千石剛賢さんは結婚していたのか?

イエスの方舟で、
いろんな女性たちと関わっていたために結婚をしていたのかどうか、
とても気になりますね。
調べてみると、
イエスの方舟を設立する以前に最初の奥さんとは離婚していて、
その後まさ子さんと結婚されています。

その後奥さんのまさ子さんとは形式的に離婚をし、
イエスの方舟の女性たちを養子にしたりして自分の子供のように育てました。

テレビでドラマになるほど!

TBSオンデマンド|ドラマ|イエスの方舟〜イエスと呼ばれた男と19人の女たち〜

という放送をされ、イエスの方舟を題材に、
波乱万丈に生きた生き様をビートたけしさんが演じました。

まとめ

人間いろんな生き方がありますが、
センスこのような新しい生き方もあるんだなと驚きの発見でした。
千石剛賢さんにはそれだけ人を惹きつける能力と、
どんな事でも相談にのってあげ心を癒す能力があったのかなと感じました。

私的には、

この人自体は悪いことをしているわけではないですし、
イエスの方舟に入ってきた女性たちを助けてあげた人なんだと思います。

世間の目からは、
絶対的に良い印象は受けないでしょうが、
周りの人助け今現在でも、
イエスの方舟自体はアリ共同生活を行っているというのは千石剛賢さん自体が素晴らしい考えがあったからこそ今でもつずつ存在ではないでしょうか。

いろんな人がいて、
いろんな生活の形があって親たちは突然子供がいなくなればそれは騒ぎ立てますが、
その子供たちは自分の居場所がないからこそ千石剛賢さんのイエスの方舟のところにたどり着き、
そして、
自分らし生活を送れたのではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です