ウイルス性急性脳症とは?松野莉奈の死因でインフルエンザも原因か?

松野莉奈(まつのりな)さんの
突然の訃報で驚きでしかありません。

世間でも大きな話題となり悲しみにつつまれています。

スポンサードリンク

松野莉奈(まつのりな)さんの死因は

ウイルス性急性脳症ということで
聞きなれない病気でなくなられています。

7日にはコンサートに出るはずだったのが、
体調を崩してしまい自宅療養をしていて、
容態が急変してその後亡くなられたということで、
急過ぎる死去に驚きでしかありません。

ウイルス性急性脳症とはなになのか?
またインフルエンザとの関係もあったのではないかと
ささやかれています。

その真意とは?

ウイルス性急性脳症とは?

インフルエンザウイルスによる急性脳症(インフルエンザ脳症)が特に有名で、21世紀初頭に(特に日本で)社会問題化した。しかし、その他さまざまなウイルス(エンテロウイルス属、アデノウイルスなど)が急性脳症を引き起こす可能性がある。多くの場合、ウイルス性急性脳症の原因ウイルスは不明であり、「ウイルス感染」もあくまで推定、ということが多い。
麻疹、突発性発疹などでも中枢神経症状を合併することがあるが、髄液中の細胞数が増加し、髄液からウイルスを分離できることが多く、これらの場合は「ウイルス性脳炎」と呼んで区別することが多い。単純ヘルペスウイルスによる脳炎は頻度こそ少ないものの、重篤である

症状は

急性脳症は、ウイルス感染を発症してから数時間~数日後に、意識障害、痙攣、異常行動(奇声をあげる、意味のわからない発言や行動など)、不随意運動などで発症する。徐々に神経症状が悪化してくる場合もあるが、重症の場合は突然の痙攣・意識障害であることが多い。髄膜刺激症状は、みられないことが多い。
ウイルス性急性脳症の重症度にはかなりの幅があり、ウイルス感染症に伴う熱性痙攣との境界は明確ではない。熱性痙攣の痙攣が長引き、意識が戻るのに多少時間がかかるといった程度の軽症例から、致命的になったり重篤な後遺症を残す重症例まで存在する。
重症のウイルス性急性脳症では、血球貪食症候群や播種性血管内凝固など、他の重篤な合併症を伴うことが多い。このような合併症を伴った例は、最終的に多臓器不全の状態に陥る危険が大きく、生命予後も悪い。

といった症状になります。

そして今回はインフルエンザからの
ウイルス性急性脳症なのではないかと言われています。

ウイルス性急性脳症のインフルエンザが原因とは?
インフルエンザや風邪などからおこるウイルス性急性脳症
今流行っているインフルエンザからウイルス感染して
脳症に繋がったのではないかと言われています。

インフルエンザは熱は出るものの、
薬を飲んで安静にしていれば治る病気と思っていました。

しかし脳にウイルスが侵入した場合に恐ろしい病気になる可能性があるのですね。
死ぬ可能性もあるということに驚きを隠せません。

スポンサードリンク

ツイッターでは

ツイッターでもウイルス性急性脳症にういて驚きの声が。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です