清水富美加が月給5万は本当?レプロで引退に幸福の科学の出家に驚愕

清水富美加さんが芸能界を引退するという報道に驚きましたが、
驚かされるのはそれだけではなく、
さらに驚かされることに

幸福の科学という宗教に専念するということを言われて、
いやいやどうした・・・

と驚きでしかありません。

スポンサードリンク

幸福の科学ってなによ?

私的には信仰は自由だと思います。
しかし、芸能界で売れっ子のザを投げ捨ててまで
どうしたの?

と思ってしまうわけです。

女優として成功されていますし、
これから演技の実力もついて
幅も広がり大女優になる素質ありありなのに
もったいないと思ったのですが、
それには辞めたくなるような裏話があるわけです。

清水富美加さんが月給5万円で働かされてた?

いやいや月給5万円ってありえないでしょ!

今現在の話ではないものの、
レプロという事務所で、
仮面ライダーシリーズでオーディションに合格して
女優デビューを果たしましたが、なんと睡眠3時間で働き詰めで、
1ヶ月で31日間働き、
月給5万円ボーナス支給なしという状態で仕事をやらされていました。

さらには水着の仕事はNGをだしていたのに、
もう決まっていると強制的にやらされて干される恐怖と戦いながら
仕事をやっていたのです。

いやいやもうありえない世界で
労働基準法にひっかかるは、
人としての権利を無視しているやら。

こんなことってありえるんですね。

一昔前ならありえることとは思うものの

本当に信じられない現実はあるのですね。

そしてではなく能年玲奈もうそうだったという話もあり。
そうとうブラックすぎると驚いてしまいました。

ブラック企業よりもブラックすぎる・・・

こんな状態で精神的に病んでしまうのも当たり前ですよね。

その全文はこちら

私ども、芸能界にしばしばみられる厳しい就労環境があったことが大きな点だと思っております。当初は歩合制であったものの、事務所は何もしてくれなかった。次第に稼ぐようになったら、事務所から月給制を持ち出された。お父様から事務所に、厳しいのではないかとお話ししたところ、仕事を干されたというのがありました。その中で清水さんは、仮面ライダーシリーズのオーディションに自分で申し込み役を射止めましたが、睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給制、ボーナスは支給されなかったという環境で、仕事をやっておりました。嫌な仕事の典型は、水着のDVDであった。性的対象にされるのが嫌で事前に拒否していたにもかかわらず、「もう決まっている」と、無理に入れられてしまった。仕事を断ると干されるという恐怖の中で仕事をしていたと言っていました。意に沿わない仕事をして、切り売りされているようで、しばしば周囲に死にたいと、多いときには週1回、漏らすようになりました。マネジャーにも言うと「あまり言うと死んじゃうんじゃないかと思うので、もう言わないでほしい。死ぬという言い方はずるい」と言われました。自分の奥底に気持ちをため込むようになったそうです。

スポンサードリンク

ツイッターでは

ツイッターでも驚きの声満載。
実際いろいろなことが2転3転しててなにが本当日分かりません。

どれもありえなさすぎてどれが本当かもわからないくらい
ありえない。

この話どう進んでいくのでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です