山中毅(水泳)の死因や原因の病気は?現在はどうしていた?

山中毅さんが亡くなったということが話題に

訃報を聞くことが最近多くなり
悲しむ機会が多くなっています。

最近で言えば松野莉奈さんが
18歳という若さでなくなってしまったことです。

若い年齢で亡くなられて、
人っていつ亡くなるかわからないな。
1日1日を大事にしないとなと実感しました。

そして今回も訃報が
1956年のメルボルンオリンピック
1960年のローマオリンピック
1964年東京オリンピックに出場し活躍した山中毅さん。

合計4個の銀メダルを獲得!

スポンサードリンク

当時の日本の水泳で大活躍されました。

銀メダル4個も獲得する活躍ぶりはすごいですよね。
半世紀前の話ですからね。

その時から日本は水泳で活躍されていたのですね。

今だったら科学の進歩や水泳の教育も発達しているからこそ、
強い選手が育つイメージがありますが、
そんな考え方が発達していない時代から
銀メダル4個獲得するのはすごい結果を残されています。

こんなにもすごい選手が亡くなってしまうのは
本当に残念ですね。

今回の訃報を受けて気になるのは
山中毅さんがなくなった死因はなにが原因なのかが気になりました。

山中毅さんの死因や死去の原因は?

山中毅さんは2017年2月10日には亡くなられています。
そして死去したということだけを伝えられています。

そしていろいろと調べていくと、
山中さんは癌を患った過去があり、
手術を成功し克服されています。

そして今回報道では肺炎により亡くなられたと発表されています。

高齢になると肺炎で亡くなることが多くなりますね。
肺炎と聞くと亡くなるほどの病気ではないと感じてしまいますが、
高齢になると亡くなってしまう病気なので恐ろしいですね。

山中毅さんのプロフィールは

泳法 自由形
生年月日 1939年1月18日
生誕地 石川県輪島市
没年月日 2017年2月10日(満78歳没)
死没地 東京都練馬区
身長 171cm
体重 75kg

スポンサードリンク

山中毅さんの現在は?

早稲田大学スポーツ功労者表彰式で
表彰されるなどをしていて、
早稲田大学水泳部として、
功労者として表彰されています。

スポーツの企画事務所を運営していて、
自身が糖尿病に苦しんだ経験から、
中高年に対して水中運動教室をしていました。

またシドニーオリンピックのときには毎日新聞で執筆もされていました。

ツイッターの声は?

子供の頃実況中継を聞いていたヒーローのような存在が消えてしまうって悲しいですね。
私も小学校の時にオリンピックで感動した選手にこう思うときがくるんでしょうね。


競泳の選手として思い出す人として出てくるのはすごいですね。
それだけ輝いていた選手で、
私個人からしたら北島康介選手のような人なのかなと感じました。

それだけ偉大な人が亡くなったらやはり悲しいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です