京唄子の死因や病気は?現在や近況はどうだったのか?若い頃も調査

訃報がながれてきて本当に驚きました。

それは京唄子さんがなくなったというもので、
驚きでしかありません。

最近テレビでも見かける機会がなくなってしまったなと思ってはいたのですが、
突然訃報を聞くと悲しくなるものです。

現在や近況もどうしていたのかと気になっていたところ、
突然の訃報が入ってきたので驚きでしかありませんね。

京唄子さんのプロフィール
生年月日: 1927年7月12日 (89歳)
職業 女優 漫才師
出身地 京都府京都市

京唄子さんがといえば渡る世間は鬼ばかり

あのイメージがつよかったですね。
姑役としてかなりの存在感をだしていました。

もともとは激打人としてなでしこ劇団で舞台女優をされていました。

京唄子劇団を設立して、自分で劇団をやっていたことも。

鳳啓助さんとのめおと漫才もやられていて、
本当にいろいろなことをやられていて、どれだけ器用でなんでもできてしまうんだ!
と思ってしまいます。

そして快傑えみちゃんねるにも出られていて存在感を出されていましたね。

死因はなんだったのか?

現在89歳という年齢だったので、
心不全
肺炎
老衰

などが考えられます。

合併症なども起こして、亡くなる可能性が大きくなる年齢ですし
やはりその89歳になってしまうと、病気によるリスクが大きくなりますね。

現在や近況はどうしていたのか?

現在や近況もあまり姿を見せることもなくなっていましたが、
2009年腰椎圧迫骨折及び腰椎変性すべり症になり
車椅子姿で会見にでてきています。
骨折していて、体の調子も悪くなっていたようですた、その後
渡る世間は鬼ばかりに出演をするほどのすごさ。

胃潰瘍も発症したりと、体の調子は優れなかったようですが
それが2010年のことなので、
今回の死因とはつながらないものの影響はなにかしらあったのでしょう。

世間の声は?

昭和の光が消えていきますね。
さまざまなことで活躍されていた京唄子さん。
いなくなってしまうのが悲しいです。

渡る世間は鬼ばかりの再放送とかがでてきそうですね。


渡る世間は鬼ばかりの印象が本当に大きいですよね。
女優として活躍されていた京唄子さんがいなくなるのは悲しいですね。

相撲観戦で見かけるなんて相当な相撲好きだったのですね。

対象的に漫才を覚えている人もいるんですね。
本当に才能あるかただったんですね。

昭和はどんどん遠くなっていきますね。
過去になっていくんですかね。
寂しい

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です