ドクター中松がん治療法発明!存命!治療法とは?何の癌か?

ドクター中松さんが導管ガンというガンに、
2年前かかっていたのです。

前立腺からなるガンなのです。

2年前当時は、
明確な治療法は確定されていないのです。

初期は無症状で発病したかすら分からないのです。

排尿困難
尿閉
血尿がおこりガンが転移して脂肪になることがあるのです。

ドクター中松さんは、
ガンの治療法を自分で発明することに、
2年かけて発明をして、
12月31日に死ぬと言われていたのですが、
7日前にガンの治療法が発明されたようです。

治療法により12月31日を乗り越えて、
現在1ヶ月生きているのです。

やった内容は、

10の治療法を組み合わせて、

このような内容を10種類を行っているようです。

1.ガン撲滅の歌
2.うち破る力を前頭葉に植え込み免疫力を上げる
3.20種類の栄養素が入った茶を飲む。twentea
4.ガン撲滅のサプリメント がんがんドリンク
5.がん等病気撲滅の味 がんがんおいしい
6.アミノ酸食物繊維ビタミンをバランス良く配合されたカレー
ガンガンカレー
7.1日1食
8.がんがん筋トレ
9.がんに効く水 がんがんアクア
10.ガン撲滅装置 がんがんロボット

などの10種類をつかいガンを撲滅しているようです。

ドクター中松さんこれが効いてくれて、
ガンを撲滅を期待しています!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です