甘酒の米麹で睡眠効果を良くする飲み方は?林修今でしょ講座

林修の今でしょ講座で
甘酒の秘密を公開していました。

甘酒は飲む点滴と言われているのです。
どうしてなのでしょうか?

意味としては
栄養素
ビタミンb
アミノ酸
ブドウ糖
オリゴ糖などの栄養素が満点

そして、身体に吸収されやすいのです。

それで飲む点滴と言われているのです。

甘酒は2種類あるのです。

酒粕を使う方法と
米麹を使う方法があるのです。

酒粕は日本酒を作った後の絞り粕のようなもの。

日本酒にとっては絞り粕ですが、
ここには栄養が豊富に入っているのです。

米麹で作る場合は、
麹菌を加えて、米と米麹を混ぜて10時間寝かせ
沸騰させたお湯に入れていき、甘みをいれて完成させます。

酒粕はアルコールが入っていますが、
米麹はアルコールが入っていないのです。

甘みはなにがすごいの?
甘酒は睡眠を良くする効果があると、
古河良彦先生は、
睡眠にとっていいと言っているのです。

酒粕からの甘酒には清酒酵母が働いているのです。

それには深い睡眠を作ってくれるアデノシンを作り出すのです。

摂取した人たちとしない人との違いとは
睡眠が10%から20%質が変わったのです。

清酒酵母は酒粕の中には多く入っているのです。

レム睡眠は夢を見たりしている状態ですが、
質の良い睡眠は脳や身体をリフレッシュ、
記憶力を上げたりしてくれるのです。
寝る1~2時間前にコップ1杯200cc程度飲むのがいいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です