甘酒で血圧上昇を抑えるペプチドの効果は?林修今でしょ講座

飲む点滴と言われている甘酒。
どのような効果があるのでしょうか。

実は血圧の上昇を抑える働きもあるのです。
その効果とはどのようなものなのでしょうか

血圧専門医も認めるあまざけのすごいところ。

甘酒のペプチドで血圧上昇を抑えるのです。
市原淳弘先生

カロリーも多いので
飲み方を気をつけないといけないです。

おすすめなのは米麹のペプチドという血圧の上昇を抑えるものがあるのです。

血圧はなぜあがるのか?
血液には悪さをしないホルモン
アンジオテンシン1というものがあるのですが、
ストレスなどで、アンジオテンシン2となり、
血管を狭めたりするのです。

甘酒のペプチドは血圧を上げるのを
阻止してくれるのです。

甘酒は薬ではないので、
すぐに血圧が下がるを言うものではありません。
3ヶ月から6ヶ月ぐらい飲むといいでしょう。

甘酒にしょうがをいれると
抹消の血管も広げてくれる作用も。

生姜のおろしかたも皮と一緒に、
すったものを入れるとおすすめです。

時間は朝のタイミングで飲むのがおすすめです。

常温もしくは冷やして飲むのがおすすめです。

消化酵素も含まれているので、
暖めすぎずに冷やして飲むことで消化酵素もしっかり働くのです。

温めたものより常温のほうが消化酵素が働きやすいのです。

ペプチドを活かして血管上昇を抑えるには、
米麹を冷やして飲むのがおすすめなのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です