苦情殺到桃太郎のacのcmはこれ!ネット社会反映が秀逸!

acジャパンのCMは毎回考えさせられることが多いですね。

今回も新たなCMを打ち出し、
即話題になっています。

今回は苦情殺到桃太郎ということで、
おばあさんがどんぶらこと流れてきた桃を拾って
わるというところに、
窃盗だろう
子供が真似したらどうするんだ
謝罪しろ
炎上案件
通報
謝罪会見

というようにネットの人たちが楽しみわめいてしまい。

最後に悪意のある言葉が人の心を傷つけている。
声を荒げる前に、少し考えてみませんか?

という締めで終わっています。

普通だったらどんぶらこと流れてきた桃から
桃太郎が生まれて大活躍という話ですが、
今回は現代版に変えていき、
現代版のネット社会を反映させてみました。

ネットで匿名であれば何を言ってもいいというものではありませんからね。
ネット上ではモラルやルールがなくなってしまい、
人との関わりも希薄になってしまうために、
悪意のある言葉を簡単に書いてしまいます。

そして簡単に炎上させてしまう。

怖い世界ですよね。
なんでそんなことになってしまうのか。
炎上してしまったら、みんながみんなしているから俺も書くという
心境になってしまうのでしょうか。

本当に謎でしょうがありません。

ネット上でそういうことを慣れてしまった人だからこそやってしまうのでしょうか。

そういう人を見ていると配慮がありませんし、
この人大丈夫だろうか?
と思ってしまう人がいます。考え方言動が偏っていて、
この人おかしいなと思うことも。

自分は武勇伝のように語っているけど周りは引いてしまう内容だったり。

ネットに入り込んでしまいリアルな世界でおかしくなってしまうと、
駄目なんですね。

本当にしっかりと自分が大丈夫な状態を作らないとと思いますし、
ネット上で炎上したから自分ものっかれというのもおかしな話ですからね。

自分がそう思って書くのもいいかもしれませんが、
相手も居てこそのネット。
それを考えて書くことが大事です。

ネット社会で予告をして捕まった人も数多く居ます。

声を荒げたり、何かに苛立って衝動がでるかもしれませんが、
そこは少し考える時間を持ってほしいです。

ネット上で画面越しではあるものの、
向こう側に居るのは、人ですからね。

パソコン上だけの話では
ありません。

人と人とのコミュニケーションなので、
しっかりとそこを考えた上で行動や言動をしていきたいところです。

言霊とはいわれますが、
言ったこと考えたことは自分にも影響を与えますからね。

悪い考えばかりしていたらその考えが自分の中の
スタンダードになってしまいます。

しっかりと言動には気をつけたいところですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です