オキシクリーンの販売店や通販は?どこで買える?洗濯槽にもおすすめ!

漂白剤をたまに家庭のお掃除で使うことがありますよね。

基本的に漂白剤は塩素系の漂白剤が多く、塩素系の漂白剤を使うと、手についてしまった場合、手がたんぱく質を溶かしてしまったり、匂いがついてしまったりとあまりよくありませんね。

そして洗った場所自体も臭いが染み付いてしまったり、関係をしっかりしなければいけないのでちょっと塩素系の漂白剤は気になりますよね。

そんな塩素系の漂白剤がありますが、最近は酵素系の漂白剤が流行っています。

それも、酵素系の漂白剤なので、塩素系のように気にするような事は少なくなりますし、使い勝手もとてもいいということで最近どんどん人気になりつつあります。

その酵素系の漂白剤はオキシクリーンという名前で最近はとても人気になっていて、友達のオキシクリーンが欲しいと言う話をしていて、日本でも購入できることになっていると喜んでいました。

お店で買うとしたらコストコで買いますが、コストコに行くにも大変ですし、入会費がかかってしまいます。

そうなってしまうとなかなか大変なので、日本でどこで買えるのでしょうか。

オキシクリーンはどこで買えるのでしょうか。

販売店は

オキシクリーンは最近、SNS で人気になっていますが、コストコが近くにない場合はとても購入するには大変な商品になってしまいます。

最近はどんどん人気になっているためにイオンやドラッグストアで購入できるようにもなっています。

しかし、車がある場合はとても楽ですが、車がない人であったり、持って帰るのはあまり好きでないと言う人にとっては1キロ以上あるある消費のためにできれば通販で買いたいですね。

通販で購入できるのか?

通販で購入することは可能です。

今でしたら楽天でも購入できるようになっていますし、なんと送料無料で購入することもできます。

これだけ評判が良くて、汚れもしっかり落とせる商品なのにも関わらず、1.5キロと言う大容量ながらも1300円程度で購入することができます。

様々な用途に使える。

様々な用途に使えて、洗濯物にもそこまで気を使わず使うことができますし、洗濯槽の条件や防カビにも使います。

洗濯槽に使った場合は、汚れがどんどん浮き出てくるので、これが快感なって人もいます。

そして食器の茶渋取りや台所の除菌や消臭にも使えます。

使い勝手はとても広くて洗濯でも色物に使えて漂白できるのは本当に嬉しい限りです。

オキシクリーンの日本製とアメリカ製は違うのか?

オキシクリーンは日本製とアメリカ製で違いはあるのでしょうか?違いとしては大きな特徴は、パッケージの違いになります。

アメリカは過去形ですが、日本はバケツ型のパッケージになっています。

また、アメリカのものは界面活性剤が含まれていて、泡立ちが良くなるように作られています。

アメリカの場合は、やはり見た目や大げさなようですが好きなので、泡立ちが良い方がやはり。

落ちていると言う感覚があるから使われているのでしょう。

日本の場合は、そこまで泡立ちを気にする人もいないでしょうし、気にする方はコストコでアメリカ版を購入するのも良いでしょう。

実際の洗浄効果は同じなので、どちらでも使うのはいいと思います。

口コミや評判は?

口コミや評判はどうなのでしょうか
タバコ臭いシャツをこの後で溶かして使ってみると、タバコの臭いはだいぶ落ちてくれました。
作業になっくすみがすっきり取れてくれました。

友人にも勧めていきたいと思っています。

子供の白いTシャツがくすんでいたので1時間漬け置きして選択すると、今まで落ちなかった食べこぼしやくすみが全て落ちて真っ白になりました。

常備して使っています。

子供の食べこぼしやシミを問題なくよくことができます。

洗濯機からはワカメ状の汚れが取れてきました。

塩素系の洗濯機のクリーナーではびくともしなかった。

洗濯槽のカビがあるたびに洗濯物に付いて取れてきました。

本当に効くくらい汚れがふかふかでてきてネットですくってもすくっても出てくるくらいです。

最後に

オキシクリーンとても衛生的に使えますし、洗濯槽を洗うために使っている人の評判もとても良いです。

洗濯槽を洗うために買うのもとても良いのではないでしょうか。

そして色物の洗濯物にも使えてしまうのもとてもいい点です。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です