ハンターハンター連載再開4月18日から!富樫休載理由は?

ハンターハンターの連載再開を
4月18日の週刊少年ジャンプ25日決定しました。
3月19日の発売の十六号にて明らかになりました。

2014年の37 号38 5併合のジャンプから、
長期休養していました。

情熱大陸編の続きが、
今後展開されていきます。

ハンターハンターはいつから休んでいるのでしょうか。

いつから休載が止まっているの?

2014年にたった9話を連載して休止となり現在に至っています。
ごんが探していた父親ジンん探していたというところまでは進んでいたのですが、
ちょうどいい区切りのところで終わっていました。

ハンターハンターの連載休止が始まったのは1,009 99年あたりから始まっていまして、
少ない期間で休むことはあったのですがそこから長期的に休載が止まったのは2006年からとなるようです。

休載の理由は何が問題だったのでしょうか。

体調崩したという理由が、
一番大きい理由ではないでしょうか。

アシスタントを雇うないでひとりで作成しているようで、
ひとりで作成するためには精神的にも肉体的にも辛いのではないでしょうか。

完璧主義者なタイプなのでしょうか?

完璧を求めるあまり、
自分で作業を全部してしまうことであったりするのでしょうか。

腰痛であるという理由もあるようです。

基本的にデスクワークの仕事であるために、
腰痛を患ってしまい、
採用をするのが大変な体になってしまった。
という説もあります。無類のゲーム好きでもあるので、
ゲームをしすぎて腰痛になったという可能性もあります。

ゲームが好きすぎて返済がストップした節

富樫さんは無類のゲーム好きであり、
ドラクエなどの大ファンのようで、
でもやってしまうととにかく止まらないという性格のようです。
ゲームをしすぎて止まらなくなってしまい、
連載をストップしたという可能性がある説です。

連載の圧力に疲れてしまった説

やはり仕事は仕事なので、
連載されなければジャンプ側も困るわけです。

そのためにジャンプ側の連載のお願いに対して、
精神が病んでしまったのではないでしょうか。

編集側と折り合いが合わずに自分に負担が大きくなりすぎた説

アシスタントを雇わず1人でやるのは、
自分ひとりでやりたいからというわけではない説もあります。

ゆうゆう白書の時代に連載継続の意思がなかったものを、
無理やり継続させようとして衝突したことがあったようです。
それに対して編集側は嫌がらせとしてアシスタント全員いなくにして、
連載をひとりで書かせた時期があったようです。

そうすれば連載継続をすると考えた編集者側でしたが、
富樫さんは連載終了まで1人で描き続けたのでした。

その経験から、レベルEいやハンターハンターでは、
1人で書くようになったようです。様々な説がありましたが、
連載開始されたのはとても嬉しいことですね。
今後またどこまで続くかわかりませんが、
ハンターハンターが連載されることを期待して、
楽しみながら生きていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です