観覧車扉閉めずに作動!場所は名古屋市東山動物園!営業停止再開は?

最近春らしくなってきましたね。

いつも暖かい日々が続き、
外に出かけることも増えて、
遊園地などもとても20かゆかゆ今回は遊園地で起きた事故について調べたことを書いていきます。

名古屋市の東山動物園で21日に、
大観覧車が扉を閉めずに一蹴運転してしまったと発表したようです。
東山動物園では、
昨夜の安全を確認したり、従業員の指導徹底さらさせるために、営業を見合わせるようです。

大観覧車では、
女性アルバイトが中学生ら3人が乗ったゴンドラの扉を閉め忘れてしまったようなのです。

とミラーを占める内容や、
確認などをしないまま、
そのまま周させてしまったということがあり、
従業員の責任であるようです。ゴンドラの最高地点は高さ約35分mということで、
この中学生たちは冒頭恐怖でいっぱいだったでしょうね。鮎貝を4人は無事だったのですが、
精神的にはなかなか強い状態ではありますね。

明日トラウマもなければ良いのですが、
まさかの閉め忘れで一蹴してしまうなんてことがあってしまうのです。基本的には大観覧車自体も、
閉め忘れてしまったら、
運転停止になるという状況はあったらここまで問題にもならなかったようにも感じます。

さらには同じ秀で、スロープシューターという4人乗りの遊具があるようなのですが、
つ連なって走っていくゴーカートのようなものなのでしょうか?
それが一大学コース上で停止してしまい、
その後続に走っていた車が接触してしまい、
そこに乗車していた女性1人が腰の痛みを訴えたようです。

大観覧車は、
大観覧車の機械自体も俺
間違ってあけたまま運転したとしても緊急停止がするようなものであったら、
ここまで問題にも習わなかったでしょうが、
そのような安全装置というものないものなのでしょうか。

スロープシューターでは、機械自体の問題でしたが、
機械の問題でありながら、
1番重要な事は、
確認を行っていたことが問題であるようでした。

今回の営業停止があって、東山動物園は再開はいつになるのでしょうか?
今のところメドが立っていませんが目処が立つ次第、追記をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です