全日空ANA 遅延欠航で復旧いつ?原因は何?保証はあるの?

全日空ANAシステム障害により、
結構や遅れなどが多数出ているようです。

3月22日の8時20分ごろから国内線システム障害が発生したようで、
11時30分過ぎまでに復旧したようです。

しかし復旧したとしても、
結構の遅れなどが多数発生しているようで、
利用される場合には最新の運行状況を確認する必要があるようです。

スポンサードリンク

欠航便はこのようになっているようです。

・羽田-那覇   ANA469
・羽田-福岡   ANA249・255・260 ANA3845/SFJ45
・羽田-秋田   ANA403
・羽田-高知   ANA563
・羽田-萩・石見 ANA575
・羽田-釧路   ANA741・742
・羽田-伊丹   ANA19・21・24・25・26・30
・羽田-広島   ANA677・678
・羽田-山口宇部 ANA693 ANA3813・3814/SFJ13・14
・羽田-八丈島  ANA1893・1894
・羽田-庄内   ANA395・398
・羽田-熊本   ANA643
・羽田-大分   ANA793
・羽田-新千歳  ANA59・62・63・66

・伊丹-新千歳  ANA773
・伊丹-福岡   ANA3155/IBX55

・新千歳-稚内  ANA4841・4842
・新千歳-函館  ANA4853・4858
・新千歳-秋田  ANA1831・1832
・新千歳-神戸  ANA4824・4825/ADO24・25

・中部-仙台   ANA3143/IBX43

・福岡-対馬   ANA4933・4934

ANAでは2月24日の後任を国内線のシステム障害が発生してので、
その時は30分で復旧したようなのですが、
今回は大規模な発生になってしまうので、
どのように収束するのでしょうか?

スポンサードリンク

ANAのシステム障害によって搭乗手続きがアナログの搭乗手続きになっているようです。

手書きやはんこで押した搭乗手続きのカードで対応をしているようです。

空港自体はものすごい混乱が起きているようで、
これだけ混乱が起こってしまうと、
どのようになっていくのでしょうか?復旧の目処が立ったとは言っているものの、
完全復旧はどれぐらいからなっていくのでしょうか?
遅延欠航などたくさん被害が出てくると思いますが、

そういうときはどのように対応されていくのでしょうか?

基本的に運行の時間は、
こういうときに限っては、あってないようなものになりますよね。

新幹線などでも電車が遅れるなんて事はよくありますし、
飛行機でもあり得ることですよね。

今後復旧してくれることを願っております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です