いっこく堂くも膜下出血と脳挫傷に!原因や理由は?

腹話術師のいっこく堂さんが自宅で気を失って倒れたようで、
その時に顔面を今日出してしまったのです。

その時に、顔面血だらけとなり救急搬送されたようです。

スポンサードリンク

どのような経緯があったのでしょうか?

20日の深夜に意識を失って自宅の廊下で倒れてしまったようです。
顔が血だらけになってしまったために、
家族が救急車を手配して、
その時に病院に行った時に、画面の激しい痛みキーズ頭痛吐き気や寒気などがあったようですが、
頭のctと血液検査をしたようですが異常がなかったために帰宅してようです。

21日に自宅で安静にして、
22日には昼から仕事に夢が浮いたところ、
頭痛吐き気が止まらない中ことで再度病院に行ったところ、
最初の検査ではあってできなかった少量の脳内出血があったようなのです。

その脳内出血が原因で、
外傷性くも膜下出血
両側前頭葉脳挫傷と診断されました。。

また、副鼻腔骨折と左頬骨弓骨折2になっていたようなのです。

スポンサードリンク

原因は何だったのでしょうか?

いっこく堂さんは、普段アルコールを体質に合わないために口にしないのですが、
この時は自宅にあった梅酒をコップ3分の1杯ほど飲んだ後に、
意識を失ってしまったようです。

そのためにフローリングで転倒顔面を強打したようなのです。。
本人はもったいないと思って飲んだようで、
今回の件があったことでもうお酒は飲まないと言っているようです。

脳内の出血については、
どんどん出血しなければ問題はないので手術は無いようです。
食欲は全くなく、水分を飲んだだけでも入ってしまうようです。
点滴が必要で安静したほうがいいので入院することにしたようです。

原因としては、迷走神経反射ということも考えられるようです。
強い痛みを精神的ショック程度のストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れて、
脳に十分な血圧を脳に十分な血圧を送れなくなることが起きてそれによって転倒したのではないでしょうか。

今後回復して復帰するのを願います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です