白濱龍太郎睡眠を効果的にする体操と味噌汁!ぶっちゃけジョブチューン

睡眠時間が短いということは様々なリスクがともなってきます。
もし5時間以内の睡眠の場合は注意が必要なのです!

スポンサードリンク

1日の睡眠時間が5時間以下だとどうなるのか?

1日の睡眠時間を平均5時間以下の人は、
7時間を超えている人に比べて、
糖尿病などにかかるリスクが高くなるようです。
7時間起きてくると糖尿病の発症リスクは多くなるようです。

睡眠時無呼吸症候群も睡眠には悪い原因になります。
太っていると睡眠時無呼吸症候群になりやすくなります。

太っていなければなりづらいと言うわけではありません。
40代後半以上の女性と言うのは発症が多くなりやすいようです。

加齢で喉や首のまわりの筋肉も陥って睡眠時無呼吸症候群の発症リスクが3倍以上になるようです。

スポンサードリンク

よるぐっすり眠るための食べ物ってなに?

夜ぐっすり眠るために、効果的な食べ物があるのです。
それが、味噌汁なのです。

そして大事なのは晩御飯と一緒に飲むのではなくて、
朝味噌汁を飲むというのがポイントなのです。味噌汁だけでそんなに効果があるのは嬉しいですね。
だいこんや、油揚げ、ほうれん草、豚肉を入れて豚汁にするのも良いでしょう。

トリプトファンと言う成分が出てくるので睡眠をよくしてくれるのです。
トリプトファンは、15時間から16時間経ってからやっと睡眠を促す成分が出てくるのです。
それによって朝飲むことによって薬眠りやすくなるのです。

肩甲骨を伸ばす体操が良いようなのです。
20秒位でできる簡単なストレッチがあるのです。
左腕を伸ばして右腕で維持を持って腕を伸ばす片腕10秒ずつで20秒ずつやるのです。
この簡単な運動だけで眠りが深くなるのです。

体の深いところの温度を上げてくれるので見やすくなるようなんです。寝る1時間前にこのストレッチをすると深部体温が上がって、
そこからゆっくり体温が下がっていくのでぐっすり眠れるようになるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です