児玉和彦風邪や小児科の病気の対処法は?ぶっちゃけジョブチューン

児玉和彦先生がジョブチューンのぶっちゃけで、

風邪のことや小児科のコトについて詳しく話してくれたのでした!

子供が風邪をひいた時に、熱を下げるということをしてしまいます。

風邪で高熱が出てきて汗をかいて熱を下げるというのは間違いのです。

これは驚きの言動ですね。

スポンサードリンク

なぜなのでしょうか?

熱が出たときに、厚着をしたり熱を上げたりするのはあまりよくないのです。

毛布をぐるぐる巻きにしたりして子供に汗を書かせるっていうことをしている親御さんよくいますが、
脱水症状を起こしてしまうのです。

汗をかいたほうが熱が下がってるのではないのか?と思ってしまうますが、熱が上がってきて、厚木をさせるのはあまり良くないのです。

体が冷えるというときには発議をさせるのは以上です。

熱さまシートなどは、
医学的にはあまり効果がないようなのです。

夜子供が熱を出したときはどうしたらいいでしょうか?
子供は元気であれば問題ないようです。

いつもと違うよというときは連れて行ったほうがいいようです。改行
どうしてもわかりづらいという場合には、
子供の救急というサイトがあるので、
それを見て自分の子供の状態がどうなのかをみるといいでしょう。

ネットでもスマホでも見ることができるのです。

スポンサードリンク

子供の病気で勘違いされやすい重要なあること!

水疱瘡や、麻疹やおたふくかぜは、子供のうちに限らせておいたほうがいいというふうによく言われていますが、それは間違いのようなのです。

大人でかかると大変と言われていますが、
子供でも大変な病気なのです。
専任に1人には単調になる可能性があるのです。
会話水疱瘡や麻疹に関しては無料で予防接種がうけられるのです。

おたふくかぜは今有料になっていますが予防接種うけたほうがいいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です