便秘にはヨーグルトより乳酸菌がいいすぐきがいい!松生恒夫ぶっちゃけジョブチューン

便秘と言えば、
ヨーグルトが一番いいような気がしますが、
実はそうではないようなのです。
京都の代表的な漬物ですぐきというものがあるのですが
それがいいのです。

ヨーグルトの乳酸菌は胃酸などのもので腸に届きづらいのですが、
しば漬け、野沢菜、キムチなどにも入っているのです。

深くつかっていれば使っているほど良いようなのです。
本づけと言って付けている時間が長いほがいいのでします。

京都の代表的な漬物ですぐきか何故良いかといいますと、ラブレ菌というものがあるのですが、
そのラブレ菌がしっかりと町まで届いてくるのがいいようなのです。愛用
ヨーグルトの乳酸菌などは、腸まで届くことが難しいようで、
京都の代表的な漬物ですぐきであったが、日本人の体に合っているのか、
乳酸菌が届きやすいラブレ菌が入っているのです。

味噌や日本酒などのおすすめなのです。

今お勧めの便秘解消の食べ物は、
オリーブオイルが良いのです。オリーブオイルが便の循環をしてくれるようなんです。
取り方で1番良いのは、オリーブオイルいっぱい分入れてお湯を1番いいのです。

玄米がいいとは言われていましたが、
腸の中で、実は詰まってしまう可能性があるので
きちんとかまずに食べると詰まってしまう可能性があるのです。
それは不溶性食物繊維だからなのです。
不溶性食物繊維というのは、水に溶けずらく、
つまりやすいのです。

ですので、腸をつまらせて便秘に乗りやすくなってしまうのです。
では何がいいのでしょうか?

むぎごはんがいいのです。
大麦は水に溶けるタイプの食物繊維のでいいのです。ご飯に行ったりして大麦1がベストなのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です