相撲変化とは?立会いや注文とは?白鵬と日馬富士の動画あり!

img_56f8916f3b846

横綱白鵬さんが、横綱日馬富士10最後の戦いをし、
白鵬さん最多の36度目の優勝を果たしましたね。

しかし、優勝という素晴らしいことであり、
喜ばしいことであるはずなのに、
なぜか罵声が飛んだり、ブーイングの嵐でしたね。

勝ったら何でもいいのか?
そんなに懸賞金が欲しいか?
卑怯な印象
本当に残念だ

というような声が上がっていますね。

観客からこのような声が夜市としてあがっていて、
白鵬さんの優勝インタビューでも本当に申し訳ないと詫びて、
さらには、その状況に泣いてしまったのでした。

優勝決定戦ということで、
誰もが熱戦を望んでいる状態だったのですが、
あっという間に終わった戦いに対して、
誰もが口をあんぐりしてしまうような状況だったのではないでしょうか?

スポンサードリンク

白鵬さんはなぜそこまで批判されて罵声を浴びることになったのでしょうか?

白鵬さんが勝った戦い方が、
変化という戦い方だったのです。

相撲の変化とはどういうものを指すのでしょうか?

変化とは、立ち合いの時に相手の攻撃を見て
それをかわすことを指しています。

変化は、注文とも言われていまして、
変わるや注文をつけるという風に表現することもあるようです。



白鵬さんは今回の優勝決定戦で、
変化を使いあっという間に戦いを終わらせるという状態になったのですが、
勝利したのになぜ罵声を浴びたのでしょうか?

基本的に相撲といえばぶつかりあう競技になるので、
観客からすれば、まっすぐぶつかり合い、四つに組みに行く相撲を観たかったのです。

さらに優勝決定戦ということで、
みんな期待していた試合だったのでしょう。

それに対するギャップが思わぬ罵声を生み出してしまったのでしょう。

さらに相撲で変化を使う場合には、横綱や大関が大一番で使うと
罵声やブーイングを受けるということがあることなのです。

周りの見解としても、優勝の執念が大きかったために、
どうしても結果が欲しいためであったのだろうという見解もあります。

スポンサードリンク

白鵬さんも白鵬さんですが、日馬富士山もなぜそんな簡単に負けてしまったのでしょうか?

日馬富士山のほうも、組みに行くという事にばかり意識が行ってしまったのか、白鵬さんの方を見ずに
突進していったという形になっていました。

白鵬さんからそれを見すかされてなのか、
うまく交わされ、変化をされてあっけなく試合が終わったという形になっています。

日馬富士さんも、組み合うのに必死なのは分かるのですが、
どのようになるか分からない世界で前もみずに突進してしまったのは、
良くなかったのではないでしょうか。

周りが見え過ぎない状態が悪い結果をうみましたね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です