長寿菌の大便菌ビフィズス菌を増やす菌は?徳之島長寿の理由原因

その原因腸にありのテレビ番組で、標準になるための菌の事を話されていました。

長寿菌と言われる、ビフィズス菌
年を取れば取るほど、減っていくのです、

それがいつまでもある、
長寿菌を多く持つ島があるのです。

ビフィズス菌と大便菌が大事なようなのです。

大便菌は癌を抑制したりするのです。

世界長寿がいた、場所は
鹿児島県だったのでした。

長寿筋を増やすのは食生活が大事なのです。

スポンサードリンク

その食材とは?

辯野先生が長寿の島に行って食材を探しに行ったのでした。

豚骨を島ではよく食べられているのです。

肉を1にして、野菜3にするとベストなのです。
長寿菌を増やすにがベストなのです。

粒味噌といって、米と大豆を使った発酵食品が使われていたのです。

発光性だからもともといたビフィズス菌が活性化するのです。

粒味噌に含まれる乳酸菌はビフィズス菌を元気にする働きがあるのです。

1番目の食品は発酵食品の粒味噌だったのでした。

熟す前の青いパパイヤがいいのです。
食物繊維も多く入っているし、
長寿菌の大便菌が食物繊維によって活性化されるのです。

パパイヤを細かく下ろし水にさらす、
鶏肉を加えて、
人参と、玉ねぎをいれて、
ここでパパイヤをいれるのです。

パパイヤの炒めがいいのです!

徳之島の海がはぐくむ食材で長生き!

アオサをいれるのです。

アオサとニンジンを炒めて、アオサの炒め物がいいようなのです。
徳之島では毎日食べている食材のようです。

アオサの天ぷらも評判の一品のようです。

アオサにニンジンやタマネギを加えてかき揚げにしたりするのもいいよです。

ミネラルも多いし食物繊維も多いので大人気の餌になる食物繊維が多いようです。

アオサの天ぷらは本当に美味しそうでこんなに美味しいもの食べて、
さらに健康になるなんて最高の食材ですね。

島の発酵飲料を毎日飲んで長生きしているようです。

みきというもち米で作った毎朝飲むものがあるようです。

見た目は白い飲み物です。

どんな味がするのでしょうか?
みきは奄美地域では一般的なもので、
もち米を発行して作るようです。

地元のスーパーでは、スーパーに普通に売っているのです。

ヨーグルトに類似した米で作った乳酸菌のようです。

腸内環境のビフィズス菌を活性化してくれるのです。

別名コメグルトなのです。

徳之島さんの超甘い食べ物でご長寿

徳之島の名産品であるさとうきびから作られる黒糖毎日食べているのです。

調味料として黒糖使う家庭もあるのです。

黒糖に含まれるオリゴ糖がビフィズス菌の食べ物なのです。
オリゴ糖によってビフィズス菌が活性化して腸の活動が活発が

黒糖を取るのもそんなにいいのですね。気軽に取れてとてもいいですね。

スポンサードリンク

徳之島で長寿の秘密の5種類の食べ物とは?

粒味噌
パパイヤ
アオサ
みき
黒糖

だったのでした。

食べ物としては、
徳之島で食べられるというものが中心となるので、
実際に食べるのはなかなか難しいですが、
これらを食べるだけで長寿になれるのならとても取りやすいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です