アスリート腸内フローラでメンタル改善!緊張せず勝てる食事!

その原因腸にあり!で
腸内フローラを改善することによって、
アスリートが緊張をしづらく勝てる状態になりやすいということがあるようです。

腸内環境を変えるだけで、体の健康だけではなく、
メンタルの面も変わるなんて驚きでは無いでしょうか?

腸内フローラ解析事業を解説したのです。
鈴木啓太さんが事業を起業するようです。

腸内環境を良くすると
アスリートにも良いコンディションが期待されるようです。

おっとアスリートが共通して持つ、
腸内菌を研究していて、アスリート菌というものが
あるかもしれないのです。

スポンサードリンク

腸内環境がいいと筋肉の疲労回復が早い?

一般人と、ラグビー選手のトップアスリートとの違いは、
腸内環境が2倍近くよかったのです。

トップアスリートに見られた腸内菌として、
炎症抑える、筋肉の疲労回復につながる腸内環境の金があったのです。

筋肉の回復が早ければ、
日々の高いトレーニングができて、
パフォーマンスの向上にもつながっていきます。

山田章仁選手

山田章仁選手は、
腸内環境が良くなったことでパフォーマンスも良くなり、
からだがエネルギッシュになり、パワーがしっかり出てくると感じているようです。
腸を鍛えるためにどんな食事をしているのでしょうか?

納豆を加えた大量のサラダ
朝と夜の2回欠かさず飲むのが、
グリーンスムージーは毎日とっているようです。
様々な種類の食物繊維をグリーンスムージーでとっているようです。

ラグビー日本代表の合宿所でもグリーンスムージーが
常備されていたようです。

トップアスリートを支える恐喝の心栄養アドバイザー石川三知

町内の環境が高ければ高いほどアスリートの人たちを支えるのであるないのかなと思っているようです。

朝の機能を高める3つのポイントがあるのです。
渡部佳菜子選手の食事のアドバイスをしているのです。
1.野菜とフルーツを多く摂取する
朝の環境整えるためにいろんな食物繊維を多く取ることや、
ビタミンやミネラルを多く取るのが大事なのです。

2.しっかり多く噛んでから食べることが大事です。
大気が出るということで哨戒機が出る1番最初のところなので、
消化のシステムにスイッチを入れてくれるようなのです。

3.温かいスープを飲む。
腸の働きを高めたりいたわり、
スープは必ず温かいものをとるようにしています。

体内温度が上昇すると、生菌や免疫細胞を活性化して、
悪玉菌やウィルスを抑制してくれるのです。

横田真人選手

自分の腸内細菌にあった食材で栄養をとるのです。
同じ食材を食べても朝でしょうか吸収できる人とできない人がいるのです。

ワカメなどの海藻類は、近年の研究で海藻類を消化吸収できるのは、
日本人にしか消化できないようなのです。

自分に合った腸内細菌て消化吸収できる顔知りながら食事をしているようです。

スポンサードリンク

メンタルを鍛えるということが大事なりますが

緊張してたこのテストの時に、頭が真っ白になる、
スピーチなので上がって噛んでばかりになってしまう。

練習してきたものの力を発揮できるかどうかはメンタル次第になってきますよね。
メンタルをどうやって鍛えられるのでしょうか?

腸内環境の良さはメンタルにも影響してくるのです。
それは驚きですね。まさか鳥人間が人なんて思いもしませんでした。

幸福や心の安らぎは、セロトニンと言う物質を使って安定させているのです。

自律神経を安定させて集中力を高めることができるのです。

腸内細菌がセロトニンを作らせる量を調整しているのです。

マウスの実験で
腸内細菌があるものと腸内細菌がないもので
実験してみると、セロトニンがあるもののほうがストレスを感じ辛かったのです。

アスリートの人たちも、
いい環境で試合に臨めるようになったり、
より楽しめるような精神状態なったり、
何か大きなことをやってやろうという状態を作れるようになったといいます。

強いメンタルになれるかもしれない鳥カツめしがあるのです。

水で戻したキクラゲと切り干し大根を豚肉と野菜を炒めます。
卵とめんつゆでスタジオつけた車付で炒めます。
塩で味を整えてかつおぶし顧問加えれば完成です。

これを食べれば腸内環境も良くなっていきます。

アスリートが鍛えていたのは実は腸だったのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です