腸活ストレッチやり方と画像あり和田アキ子と谷澤恵里香快便

IMG_1387

その原因、腸にありという番組で、
便秘のことについて解消するための体操を紹介していたのでした。

腸活ストレッチというもので、簡単に敵ながら
効果抜群の便秘解消の体操だったのです。

便秘を甘く見ていると、
ものすごい平気にあとでなってしまったり、
ひどくなると、鬱になってしまうこともあるのです。
不眠やイライラ肌荒れ普通むくみなどが合ってしまうのです。

慢性的な便秘は大腸癌も起こしてしまうのです。

しかし正しい腸活体操をすることで便秘を解消することができるのです。
朝というのは内側から外側から鍛えるのが大事なのです。

腸活ストレッチというものがあるのです。

基本的に内側から良くしようという思いが大きいですが、
内側だけでなく、外側からの改善できたらとてもベストですよね。

和田アキ子さんは、芸能界デビューしてから、
便秘が続いているようです。

下剤を毎日使いながら便秘解消をしてきたようです。

下剤を飲まないのは、便秘なりそうで怖いということで、
50年間も飲んできたようです。

谷澤恵里香さんも便秘がひどく、
小学校から便秘気味なようで、
1週間から10日間でないことがあったようです。

便秘のまま大人になり、ぽっちゃり体型になっているのです。

他の一般の人なども円
平日は便秘気味出てないために、
休日に下剤をつかい一気にだすのです。

2週間から3週間で泣いているのは当たり前で、
1ヶ月出ないこともあり、 1カ月出ないときには
救急搬送されることもあるようです。

スポンサードリンク

こんな便利な方々達を指導してくれるのは小林暁子先生

小林暁子先生は、
15万人以上便秘の人を見てきた便秘のスペシャリストです。

和田アキ子さんの中は、ぜん動運動が悪いのが朝のエコーで見て取れました。

便だけで、 1キログラムの便が詰まっていたのでした。
和田アキ子さんの場合は、現在で無理やり出しているので、
腸のぜん動運動の筋力が弱ってしまい
弛緩性便秘と言われてぜんどうでしっかり押し出せなくなっているのです。

下剤を毎日飲んでいるような人は、
毎日飲んでいたら、週に1回やめる日を作っていき、
朝が自分で働くようにトレーニングをして行くのです。

谷澤恵里香さんも腸内環境が悪く
ぜん動運動が全然していなく、
直腸性便秘という結果でした。

便意を我慢したことによって、
直腸が麻痺して、
出したいという時に麻痺してしまったために、
出せる時に出せなくなり、便秘になってしまうのです。

直腸が異常に巨大化してしまい、自分で排便することができなくなり、
腸を切り開いてペンを出さなければならないということになってしまうのです。

腸活ストレッチが大事なのです。

大腸わしづかみ運動

IMG_1387
左手を肋骨右手を骨盤を左手便座に座りでつかみますお香つかんで腰をぐるぐる回すのです。
てない人は朝のおれ曲のポイントで手づらくなるのです。
20回します。

便座でねじりっち

便座に座り、右肘を左ひざをつけます。
逆に、左ひじと右ひざをつけますプロ20回します。

寝転びストレッチ


お尻を引き上げてお尻を上げて下げて送り返していきます。
朝が出たから上に上がるところがあるのですが。
そこに溜まっていた面が角度がつくことによって移動していくのです。

上行結腸というところがつまりやすいので、
傾斜つけて流れやすくするのです。

骨盤経筋を鍛えることで、お尻の筋力を上げてあげるのです。
さらにヒップアップ効果や尿漏れにも効果があるのです。

ポンポンタッピング


お腹全体をポンポンタッピングしてあげるのです。
全体の指でポンポンポンポンという形で押してあげるのです

ガスを流してあげることで腸内のガスが移動して、
凝り固まっていた腸内が良くなるのです。

これを2週間毎日実践してみたのです。

谷澤恵里香さんは、トイレに行ったら1時間ぐらい出ないようなのですが、
なんと3日目で効果が出たのです。ばっちり出たようです。

体は座った瞬間ストンとつるんと元気に出たようです。

谷澤恵里香さんは1日2回でるようになってきたのでした。

お通じの調子もいいのか
お肌の感じもよくなってきたのです。
顔立ちもシャープになったのです。

ストレッチを始めっからイライラも減ったようなのです。

2週間腸のの状態を検査してみました。

谷澤恵里香さんは以前あまり動いていなかった腸が
ぜん動運動をするようになり、
直腸性便秘が解消されたのでした。

以前はトイレに30分から1時間入っていたのですが、
今は5分もかからないようなのです。

重度の便秘を持っていた一般の方たちは、
今まで便意を催すということがなかったのですが、便意を催して鳥肉ということがあったようです。

指先も冷たいということがあったのですが、それが暖かくなり
不眠症で寝れなかったという症状も良くなり薬眠れるようになったようです。

マッサージするのが楽しくてしょうがないという良い状態になってるようです。

スポンサードリンク

和田アキ子さんはなぜ変化を感じられなかったのか?

和田アキ子さんは、変化があまり感じられずにいたのですが、
和田アキ子さんは腸活ストレッチにあまり効果を感じなかったようなので、
延長してやってみることになったのです。

便秘の薬を飲んでいるのと、
50年間便秘の薬を飲んでしまっているのが原因なのです。

薬を飲まないという不安から、
薬を飲まないといけないという依存性にあるために、
薬を飲まないと言われないって言う状態になっているのです。

薬の下剤の量をどううまく付き合っていくかが和田アキ子さんにお大事になっていくようです。

でなきゃいけないというストレスが大きくなっているようです。
外側からの腸の刺激を続けるといいのです。

逆に経理で困っているというケンドーコバヤシさん、

男性は自律神経のため息を受けやすいので、ストレスなどで下痢になりやすいのです。

下痢が続いているときに、大腸癌がいつからこともあるのです。

下痢が継続する場合は、検査をすることも大事なようです。

また暴飲暴食が原因ということが考えられます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です