ボーヤンジン(金博洋)唯一無二4回転ルッツで金メダル獲得

img_56fb2d344e498

フィギュアスケートの世界選手権2016が開幕されますね。
羽生結弦選手の活躍なども期待されますね。

羽生結弦選手も気になるのですが、
今回は4回転ジャンプで注目を集めている、
ボーヤンジン選手の、世界選手権2016での活躍が期待されますね。

スポンサードリンク

ボーヤン・ジン(金博洋・きんはくよう)とは何者なのか?


中国表記では、金博洋・きんはくようと呼ばれていますが、
日本語読みだと、ボーヤン・ジンと呼ばれるようです。

1997年10月3日生まれの現在18歳です。
身長は168センチとなっています。
中国ハルビン市出身の選手です。

4回転ルッツができる世界唯一の選手!

ボーヤン・ジン選手(金博洋・きんはくよう)は
驚異的なジャンプの高さからできる4回転ジャンプと、
世界で唯一ボーヤン・ジン選手(金博洋・きんはくよう)しか飛べない
4回転ルッツを持っています。

4回転ルッツまでいくと、世界でできるのは、
ボーヤン・ジン選手(金博洋・きんはくよう)だけとなり、
それだけ難易度が高いジャンプになります。

羽生選手でもルッツは難しいとされています。

さらには4回転ルッツ-3回転トウループというコンビネーションで飛ぶことができるので、
例を見ないジャンプのすごさです。

まだまだ18歳という年齢でもあります。
これから成長していったときにどのようなレベルになっていくのか楽しみであります。

ジャンプはすごいけど課題は表現力

ジャンプのレベルで言えば、
世界トップレベルもしくは世界1位のレベルはあるのですが、
表現力の部分ではまだまだ他の選手も劣っていると言えるようです。

表現力や滑らかさが音の演技構成の評価点がもっと上がれば世界一の金メダルを狙っていけるのでしょう。
本人も表現力の部分ではまだまだ不足していると感じながら課題としているようです。

世界選手権2016はどうなるのか?

NHK杯で2位
グランプリファイナル2015は4位
世界選手権2016ではどんな結果を残してくれるのでしょうか。
惜しい順位にいるボーヤン・ジン選手(金博洋・きんはくよう)
もしかしたら金メダルを狙えるかもしれません。

羽生結弦さんは憧れの選手


羽生結弦さんお憧れの選手と言っていて、
ジャンプのすごい選手を尊敬しているようです。
憧れの存在であり彼から学びたいということも言われていたようです。

スポンサードリンク

終わりに

世界選手権どのような結果になるのでしょうか?
ボーヤン・ジン選手(金博洋・きんはくよう)は4回転ジャンプを
成功させることはできるのでしょうか?

ボーヤン・ジン選手(金博洋・きんはくよう)の4回転ジャンプと
4回転ルッツは間違いなく見どころですね!

ジャンプの質を楽しみに世界選手権見てみます!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です