jal日本航空遅延欠航の復旧はいつで原因は?保証はあるの?

以前に全日空ANAで国際航空便の、
システム不備によって欠航や遅延があり、
搭乗手続きを、アナログでやったということが以前にありましたが、
今回は、jal日本航空て遅延や欠航が起きたようです。

4月1日の午後7時50分分頃に、
日本航空の航空機の重心位置を経営参するシステムに不具合が発生したようです。

それにより全国の航空機が出発できなくなってしまったようです。あ行午前9時40分に復旧したのですが、
午前10時までに、 46便が欠航してしまったようです。

その影響は6,670人に影響が出てしまったようです。
システム不具合ということで、
全日空ANAの時もそうでしたが、少しでもシステムの不具合が起こってしまうと、
航空機などでは大混乱が起こってしまうので、
デジタルのシステムに頼り切るのはいいですが、
頼りきった挙句休できずに遅延や欠航が起こってしまうのはとても困る状態ですね。

しかしこれに対して対応できる策がないというのもなかなか難しいところですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です