保田道世すごい色彩設計士で宮崎駿の戦友!死去の死因原因は?独身だったのか?

本日、訃報が続いていますね。本当にすごい方々が亡くなられていて本当に残念な限りです。

保田道夫さんが77歳の年齢で亡くなられました。病気のために死去ということです。
夫幹夫(みきお)さんが喪主を務められたようです。

[広告]
たった2週間でこんなに!?
家でたった5分でできる永久脱毛法が話題に
moom

ジブリ作品の数々は色彩は与える作品の影響はとても評価されてきました。

赤は情熱的な赤といいますが、本当に情熱感を感じさせる赤を演出してくれ、
ジブリの青はとても美しくどこまでも広がりがある青の美しさを表現してくれ、ジブリの緑がとても和みや癒しをもたらしてくれます。

そしてジブリの紫は深みがあり、闇もあるのです。

そしてジブリのピンクは可哀想表現してくれ純粋さや甘酸っぱさを表現してくれます。

そして、黄色はは鮮やかで黄金色のような素晴らしい色を表現してくれます。

これらの色を担当されている色彩設計と言うお仕事があります。

それを担当されているのがっこだ保田道世さんなのです。保田道世さんが全て1人で担当されているのです。

宮崎駿さんは保田道世さんを戦友と呼んでいて彼女がいなければジブリ作品の感動的な色の表情は出てこなかったというほど。

1984年風の谷のナウシカに参加していこうほとんどの色彩設計をやられてきました。

色は明暗だけで考えるところ保田道世さんは作品の人物の心境を映し出し色彩を変化させ、表現していくのです。

[広告]
アナタのデブなのは菌が問題かも。
テレビで話題のシンバイオティクスがアナタを変えるかもしれません。
moomo

同じ服装だったとしても色彩でそれぞれの表情が出てくるのです。

保田道世さんの色に感動を覚える人もいます。

ジブリ作品も人それぞれ好きな色があり、赤の作品に魅力を感じる人もいれば緑の色に育てられてきたという人もいれば青の色は眺めていると違う色だし、近くで見るとまた違う景色を見せてくれた素晴らしい色の設計士だったのです。

保田道世さんは常に優しい色使いをするように心がけていて私たちの周囲にあるものはどんどん派手な色使いになっています。

そんな中でもっと人間にとって優しい色使いを使い派手ではなくても表現するための色使いをするのです。

スポンサードリンク

保田道世さんのプロフィールは

保田道世さんは1935年4月28日生まれ
2016年10月5日に亡くなられました。東京都出身の方です。

東京都立石神高等学校卒業後、
東映動画に入社しCM やテレビのトレースを手がけてきました。

組合活動を通じ、高畑勲、宮崎駿の2人に出会い母をたずねて三千里未来少年コナンなどの色指定を務めてきました。

1984年風の谷のナウシカに参加しそれ以降のスタジオジブリの作品のほとんどの色彩設計を担当してきました。

崖の上のポニョ以降は一線から離れていましたが、パン種とタマゴ姫、風立ちぬの色彩設計だけをしていたようです。

本当に残念な人が亡くなられてしまいましたね。
今後ジブリ作品の色彩設計はどのようになっていくのでしょうか。

[広告]
今まで悩んできた肌の悩みがたった14日で・・・
たった5秒のある方法で今までの悩みが簡単に・・・
ツルスキン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする