急性肺線維症とは?月亭可朝の死因の病気は!

月亭可朝さんの訃報があり、また惜しい人をなくしてしまいましたね。

そして急性肺線維症という病気で亡くなられたということでどんな病気なんでしょうか。

IPF(特発性肺線維症)
という病気になります。

IPF(特発性肺線維症)
とはどんな病気?

健康な肺では、たとえ肺胞に傷がついても、その傷は修復され、スムーズなガス交換が維持されます。
しかし、肺胞に長期にわたって、くりかえし傷がつくと、その傷を治そうとする働きによって、大量のコラーゲン線維などが肺胞の壁(間質)に蓄積されます。その結果、酸素や二酸化炭素の通り道である間質が厚く、硬くなる線維化がおこると考えられています。
間質に線維化がおこると、肺が十分にふくらまなくなり、ガス交換がうまくできずに、酸素が不足し息苦しくなります。

肺の機能がおちてしまうことにより修復ができなくなり、傷がつき続けることによってコラーゲン繊維が肺にくっついて行き、既存のんために3戦3勝間さんの通り道のセブンが熱くなってしまい硬くなって成果が起こってしまいます。そうなってしまうとガスの交換がうまくできずに酸素が不足して息苦しくなる病気になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です