和田明日香は国分太一に山口達也の何発言で炎上?動画あり!親として当たり前?賛否両論

和田明日香さんが話題になっていたのでこの方、どんな形なのか何をしたのかとても気になり調べてみました。

事の発端は山口達也さんが淫らなことをしてしまったことです。

スポンサードリンク

本当にやってしまいましたよね。責任ある立場であるにもかかわらず。

なぜこんなおおごとを起こしてしまったのか。TOKIOといえばジャニーズ的には大御所な立ち位置で間違いなど起こすにも起こしてられない状況です。

それでもこんなにも問題起こしてしまうなんて何かを抱えているいたのでしょうか。

たそんな状況で大変になってしまうのはメンバーの方々が本当に影響を受けているのではないでしょうか。。

特に影響を受けたのは、司会をしている国分太一さんではないでしょうか。朝の番組なのでとてもクリーンなイメージがある司会者でなければいけませんからね。

本人が何か悪いことをしていなくても、メンバーである山口達也さんが問題を起こしてしまうことによって他の方も影響を受けてしまってほんとに怖いですね。

そういうことを考えると、メンバーであったりコンビなどは影響を受けやすいので一緒に仕事できる安心会はあるものの、それが悪い方向に進んでしまうと本当に恐ろしいですね。

今回の状況がまさにそれを示すでしょう。

スポンサードリンク

国分太一さんがビビットで泣いたと話題に。

国分太一さんが謝罪の意味でメンバーの山口達也がご迷惑をおかけしたということで泣きながら謝罪をしたということで話題になっています。

実際のところは国分太一さんが悪いことをしたわけでもないのに、謝罪をし、メンバーで連帯責任をするのは本当に大変なことです。

メンバーが事件を起こしてしまうことだけでもとても大きなショックですが。

国分太一さんも実際のところ仕事がなくなってしまう可能性があるわけです。

悪いイメージになってしまった以上仕事では使えないと言われてしまえはその時点で仕事がなくなってしまうなんて可能性もあります。

そう考えると、メンバーとして手もありますが、家族を支えていくか大黒柱としても泣いててもクリーンなイメージを守らなければいけないと言う責任感もあったのでしょう。

和田明日香のコメントはひどいと話題に。

ビビットに国分太一さんと一緒に和田明日香さんやテリー伊藤さんが出演されていて、国分太一さんを責める姿はとても話題になっています。

スポンサードリンク

和田明日香さんに対してイラついている人がいたり、国分太一は関係ないのになんでこんなにボロクソに言われるのか?

実際のところ、山口達也さんが悪いというのはそのですが、メンバーであるからといって、国分太一さんが責められるのもなかなかお門違いな面もありますからね。

TOKIOのメンバーとして代表して言われるという状況だったのかもしれませんが、実際にはその時点で誤っていますし泣くほど辛い状況なのに、更に傷口をえぐるような発言をされてしまってはなかなか立ち直れなくなってしまいますよね。

コメンテーターとして発言しなければならないと言う和田明日香さんの意識は素晴らしいかもしれませんが発言一つである援助もしかねない時代なので、ましてや相手はジャニーズなので今回の炎上になってしまったのではないでしょうか。

国分太一さんの朝の冒頭の謝罪の姿を見ていると本当に悲しくなってしまいますね。

実際の発言は何だったのか?

呼び出されたら断れないということで怖い思いをしたとおもうんですけど、私も女の子2人育ててるんですけど
本当によく言い聞かせようと思ってどんなに偉い人でも信用のおける人でもある部屋に上がったらどんなことが起きてしまうかわからない。家に上がってしまった方が悪いと言われたら悔しいけど。

ママは相手のことを許さないと思うので、ほんとに考えて行動しようね。

と女の子を育てていく親として言っていかなければなと思いました。

その発言にも色々と賛否両論があり、正しいと言う面もあれば国分太一さんを責めすぎではないかという目もあります。

実際のところは、和田明日香さんがおっしゃられている。

話もとても正しい状況であり、子供持つ親の立場からしたら、それは当たり前の状況でありますからね。

そう考えると、実際の発言としては間違っていませんし子供を持つ親からしては納得できる内容ではないでしょうか。

それがただ単に国分太一さんに言うことではないのではないか?

ということで屈折してしまっただけではないでしょうか。

和田明日香さんとは誰なのか?

和田明日香さんとは料理研究家て買ったりタレントをされている方です。平野レミさんは義理のお母さんです。

実際の動画13分辺りから

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする