山口達也のアルコール依存性の通院病院はどこで名前は?まさか

山口達也さんが女子高生に対して抱くな行為をしたということで4月25日から常にニュースで話題になっていますね。

これだけ人気の有名人なのでこんな状況になるのはある当たり前でこれだけの大事になるということは分かっていなければならなかったことではないでしょうか。

酔っ払ってしまっていて覚えていないと言う発言をされていて、これだけの状況になったにも関わらず酔っ払って覚えていないというのは言い訳なのか、それとも本当に覚えてなかったのかどちらにしても責任を取られる問題ではあります。

今回酔っていて覚えていないということでそんなことありえるのかと思ってしまう面がありましたが、実際に調べてみると山口達也さんにはアルコール依存症があるということがわかってきました。

日々の仕事のストレスであったり、離婚問題があったことによってそれにストレスを抱えていたのでしょう。

あれだけた前にテレビで見かけることがあり仕事が超多忙だったのではないでしょうか。さらには、離婚をしていたということである孤独感を感じていたんではないでしょうか。

それを止めるためにお酒を飲みさみしさを埋めようとしていたのでしょうが、今回はさすがに取り返しのつかないことになってしまいました。

国分太一さんがテレビで謝罪をしている時に、山口達也さんがアルコール依存ショーであることを発表していました。

アルコール依存症によって通院をし始めたのが2016年の離婚をした時を機に山口達也さんは追認をするようになっていったようです。

人は何か大きなショックを受けた時に忘れたい直喩衝動であったり逃れたいということですアルコールに手を出してしまいがちですがアイドルという確立された立場ですらもそんな状況に陥ってしまうのですね。

逆に有名人という
立場だからこそこのようなことになってしまったのかもしれません。

通院の状況としては、1回30分程度のカウンセリングを受けています。アルコール依存症の治療に定評のある病院に帰っていると言われております。

今回の件では取り調べに対してもお酒を飲んで覚えていないということで相当飲んでいたのではないでしょうか。

しかし、お酒にのまれてしまいここまで大きな問題を起こしてしまうとなるとそんなにもストレスであったり大変な状況があったのでしょうか。

やはり離婚をして大切なもの失うということはほんとに辛い現実で目を背けたかったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

実際のところ離婚の原因が一つにもあるのはアルコールが原因であったようです。

離婚の原因にもなったにも関わらず止めることは出来きれなかったのでしょうか。

実際の病院に通っているものの、なかなか難しい状態だったのでしょうね。

それだけジャニーズのアイドルとしての責任感であったり仕事量に押しつぶされてしまいそうだったんでしょうか。

そうなってしまうと何のためのアイドルとなってしまいますよね。

最終的にはストレスにまみれて誰のためにもならない自分のためには全くならない状況になってしまいましたからね。

そんなに擦り切れる頃になるまで仕事をやり続けなければいけなかったんでしょうか。

そう考えると、山口達也さんも実際は犠牲者なのかもしれません。

アルコール依存症も何らかの原因があるわけですからね。

離婚だけではなく、仕事の忙しさや大変さ責任の大きさがあったのではないでしょうか。

仕事量も大量の仕事をこなしていましたからね。

自分の余裕がある時間もないでしょうし、時間があればお酒を飲み騒いで発散していたのでしょう。

しかし、それでも発散しきれずに、間違った方向に行ってしまったんでしょう。

アルコール依存症で山口達也さんが通っていた病院はどこ?

アルコール依存症の病院は都内だけでも数多くあるようで、30件以上存在しています。その中でも、普通の病院にはさすがに通えないので、芸能人御用達の病院になるのではないでしょうか。

山王病院と言う病院であったり、その他の芸能人御用達の病院に通っていたのではないかと考えられます。

最後に
アルコール依存症って本当に怖い病気なのですね。

これだけの事件を起こしても、実際のところは覚えていないと言ってしまうほどお酒に飲まれていますからね。

そこまで飲まないとやっていられないほどの仕事体制なのも問題ではありますし、テレビの中ではとても柔らかい良い人で通っていたイメージも、本当のところはわからないですね。

テレビのためのイメージとして良いイメージを保っていたのでしょうか。

その反動としてお酒に逃げなければならない状況ができていたのでしょうか。

そうやって自分のイメージを保ってきてアイドルと言うブランドを守ってきたのは素晴らしいですが、自分が消えてしまうのはなかなかつらいものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする